♪2010<ゆくとしくるとし>2011♪

はじめに
8回目らしい恒例企画。
今年を振り返りながら印象の深かったゲームを思い返してみると同時に、
来年の期待作を今から挙げてみようというコーナーです。
と言っても、来年にどんなゲームが出るかはその年になってみないと判らないことも多いので
毎回ネタに困るところでもはるのですが。
では、行ってみましょう。
[top]
ゆくとし
今年のキーワードは『演劇』『入れ替わり』と言うところでしょうか。
今履歴を見返してみましたが、割とこういう感じのネタのゲームが多かったようです。
残念ながら名作レベルの作品には出逢えませんでしたが、良作や佳作はチラホラと。
個人的にはそこそこ満足のいく年だったと思います。
その代わりに地雷も何個か踏んじゃいましたが。
それでは個別に印象の深かった作品をピックアップしましょう。

『airy[F]airy(エアリィフェアリィ)〜Easter of Sant’Ariccia〜』
ファンタジーですが、何となく世界観が良かったような記憶があります。
凄く面白かったと言うような作品ではないのですが、思い出の中で美化されるタイプなのでしょうね。


『se・きらら』
ゲーム本編が無料でダウンロードできてしまうと言うビックリな作品です。
無料にも関わらず質的にも量的にも普通のフルプライスの作品並みなので、プレイをしない理由はないでしょう。
figmaの販売も好調なようですし、次回作にも期待しています。


『永焔の戦姫』
こちらは新作ゲームの販促として旧作のストーリーをビジュアルノベル形式にまとめた無料体験版ですね。
人気シリーズだけに、普通に読み物としても面白い内容でした。
シリーズものは固定客が見込める代わりに新規ユーザが購入しにくくなってしまう嫌いがあるので、
こういう感じでフォローがあるのはユーザにとっても、メーカにとっても良いことだと思います。


『アッチむいて恋』
学園では本来の姿で通いながら、女装して女子寮に住んでしまうお話です。
普通の学園ものとしても楽しめますし、女装ものとしても楽しめる一粒で二度美味しい作品です。
キャラクターが生き生きしていて非常に魅力的でした。


『あまつみそらに!』
先生、銀王が攻略したいです・・・!
とネタは置いておいて、ここの作品は毎回楽しめるので鉄板ですね。
もしかするとファンディスクが出るかも知れませんし、銀王にはそちらに期待しておきます。


『えろげー!〜Hもゲームも開発三昧〜』
絵柄に癖はありますが、エロゲー開発の裏側が垣間見えて興味深いです。
ヒロインとの会話も面白く、かつえっちに関しても実用的で良い作品でした。


『ぼくらの孕孕スクールライフ〜クラス全員中出し完了〜』
和姦系の抜きゲーとしての実用度は今年の中でトップクラスかと。


『げきたま!〜青陵学園演劇部〜』
♪きーこーきっかーきこきこきっかー♪
演劇で、かつ時代劇をモチーフにした珍しい作品です。
練習風景が楽しそうで非常に良かったです。


『Sugar+Spice2』
システムは独特ですが、まさにギャルゲー!って感じの作品ですね。
ヒロインが魅力的で、ストーリーも結構良かったのですが、攻略が結構難しかった記憶があります。


『汐見崎学園演劇部 恋☆ぷれ〜あなたといちゃいちゃろーるぷれいんぐ!〜』
演劇のようで演劇でないちょっと演劇っぽい恋の部活動のお話です。
要は同じ部活のヒロインと役割を演じながらイチャイチャしちゃおうという。
ラブイチャ分の補給も出来てえっちも実用的という良い作品でした。


『桜花センゴク〜信長ちゃんの恋して野望!?〜』
戦国武将に『ちゃん』を付けて萌えヒロイン化してしまうという発想に乾杯。
ちょっと血生臭いのが人を選びますが、ストーリー自体は面白かったです。


『キッキングホース★ラプソディ』
とにかくラブイチャ成分を補給したければこの作品をプレイしておけ!って感じです。
ちなみにこの作品が気に入った方は『魔法はあめいろ?』『めいどさん☆すぴりっつ!』『こいびとどうしですることぜんぶ』
辺りが同じライターと原画家の純愛ものなのでお薦めです。


『少交女』
当然ですが『小公女』とは何の関係もありません。
どんどん規制が強くなっていくご時世ですが、このブランドには負けずに頑張って貰いたいものです。


『のーぶる☆わーくす』
一般人である主人公が自分とそっくりな名家の御曹司の影武者として学校に通うお話です。
主人公に感情移入もしやすく、ヒロインも可愛い良い作品でした。

[top]
くるとし
個人的にはPS3の『PROJECT DARK』に期待していますが。そもそも来年出るのでしょうか。

『妹ぱらだいす!〜お兄ちゃんと5人の妹のエッチしまくりな毎日〜』
コンセプト的にはストライクゾーンど真ん中です。
ブランド的にもそこそこ安心できそうな感じですね。


『孕神〜はらかみ〜』
特殊な属性分の補給に。
絵柄も可愛いですし、それなりに期待しています。


『黙って私のムコになれ!』
体験版をプレイした感じでは鉄板そうです。
今はふみゅ子が攻略できるかどうかが唯一の気掛かりですね。


『太陽のプロミア』
原画に釣られて。
何故PULLTOPでやらないのかは疑問ではありますが。


『ラブラブル〜Lover Able〜』
イチャラブ分が補給できればいいな、と。


『姫様限定!〜Princess Limited〜』
王道的な設定なので、余程の下手をしない限りは外れないかと。


『カミカゼ☆エクスプローラー』
このブランドは今のところ鉄板なので。


[top]
おわりに
そういえばトトリとかEoEとか途中までプレイして積んだままだった!
不景気なのに忙しくてゲームをする時間がなかなか取れない不思議。
特にエロゲーを優先している分コンシューマのゲームが全然進まなくて困ったものです。
暇を持て余すほど時間のあったあの頃が懐かしい・・・

今後のことですが、東京都の規制がエロゲー業界にどう影響してくるかが心配ですね。
一応レーティングされている分文句を言われる筋合いは無いはずですが、
世間の風当たりとか自主規制とかでどうなるか・・・

何にせよ、良い作品に出逢えたら不満も吹き飛ぶってもので。
来年に期待しつつ締めましょう。
皆様、良いお年を!
[top]