<<  ♪2007/05/18♪  >>


妖巻〜女忍淫獄の罠〜
お姫様☆エッチ〜Hの手ほどき!押しかけ双子におまかせ〜
白銀のソレイユ−Successor of Wyrd≪運命の継承者≫− 通常版
年上Lesson〜義母と叔母と女教師と〜 初回版
Hide Mind
必殺シゴキ人〜学園高慢女斬り〜
不法挿入−生簀の住人−
みんな大好き 子づくりばんちょう
夢見師

SKUNKWORKS nano.
妖巻〜女忍淫獄の罠〜
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
Pure☆Milk
お姫様☆エッチ〜Hの手ほどき!押しかけ双子におまかせ〜
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
SkyFish
白銀のソレイユ−Successor of Wyrd≪運命の継承者≫− 通常版
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
Puzzlebox
年上Lesson〜義母と叔母と女教師と〜 初回版
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
WestVision
Hide Mind
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
鬼畜野郎
必殺シゴキ人〜学園高慢女斬り〜
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
TRUST
不法挿入−生簀の住人−
3 3 4 2 3 3 3 70
建築士が自分の手掛けたマンションに秘密の仕掛けを作りつつ住人を観察したり手を出したりするお話です。

監視カメラで日常生活を覗き見たり、秘密通路を使っていきなり部屋に現れてレイプしたりします。
レイプの後に監視カメラを使って現場を覗いたり、その後の動向を監視できる辺りが他のゲームには無い要素ですね。
誰の生活を覗くかとか、誰を襲うかは任意のタイミングで選択できるわけではなく、
『花邑ビル観察』とか『花邑ビル侵入』とか、何とも要領を得ないコマンドを選択してゲームを進めていきます。
人名の入ったコマンドもあるにはあるのですが、それが出る頃にはそのヒロインの凌辱フラグが立った後ですので、
肝心のフラグを立てるための攻略自体は手探り状態で結構不便です。
主人公が仕掛けたカメラを主人公が見るのですから、誰の部屋かとか事前に詳しい情報が判っていても良いんじゃないかと思ったりも。
ちょっと不親切な設計ですね。
背景にマンションの全体図が表示されていて、カメラの設置されたポイントをクリックして覗き見るようなシステムだと
もう少し雰囲気も出たのではないかと思いました。
シナリオ自体は、今回は特に語ることも無いですね。覗いたり犯したりの繰り返しです。
コマンド選択を頻繁に行う必要があるのですが、このブランドのシステムは画面の切り替えなどが結構もっさりしているので、
かなりテンポが悪いのが気になりました。数行読むためだけに画面切り替え→コマンド選択→画面切り替えとか。
攻略性も悪いので、一度クリアしてしまったらもう一度プレイしようという気力も湧きづらいです。
攻略サイト作る方は結構大変そうだなーとか思ったりも。

お気に入りヒロインは特になし。
ロリな隠しヒロインが居ますが、出現条件は結構厳しめです。

絵はこのブランドの看板原画家さんの葵渚氏原画。
何となく昔の絵柄の方が良かったような・・・
あと、CGの差分が少ないのか文章と絵が合っていないのが何ヶ所かありました。

システムは未既読管理、シナリオ回想あり。
スキップはコマンド選択の度に解除されるので、かなり使い勝手は悪いです。速度も遅いですし。
説明不足なコマンドとか、あまり快適にプレイできるようなシステムではないですね。

えっちは、ヒロインあたり10回前後程度でしょうか。ハーレム的なモノもあります。
その場でレイプするのもあれば、拉致監禁で調教するようなのも。
大抵は主人公が相手ですが、他人とのセックスを覗き見るようなのもありました。
実用性はそこそこです。

やはりシステムの不親切さがネックでしょうかね・・・それを補って余りあるような長所がないので、
欠点が相対的に目立ってしまっていますね。
[top]
アナスタシア
みんな大好き 子づくりばんちょう
1 4 4 3 3 3 1 65
何だかタイトルに惹かれました。
他校を征服しつつ相手の代表者の女の子を嫁に迎えて子作りしてしまおうというお話です。

女の子の数は多いですが、シナリオはほぼ皆無です。
要約すると『買い物した』とかにしかならないような、どうでも良いイベントがそれぞれに数回のみ。
勿論個別シナリオなんてモノもなく、数回のイベントを発生させればED条件は整い、
1回のプレイで全ヒロインのEDを回収することも可能です。
世界観とかは良いのですけどね・・・可愛いヒロインを片端から嫁にして子供を産ませて温かな家庭。
羨ましすぎて涙が出てきそうですが、『シナリオ』や『ストーリー』で評価するなら最低ランクでしょう。

お気に入りヒロインは紗綾香、夏美、愛鈴。
紗綾香は恋愛に疎くて直ぐにテンパる辺りが可愛いですし、
夏美は明るくて甘え上手な辺りが可愛いですね。
愛鈴は良く判らないですが良いキャラクターをしています。

絵はエウシュリーのいつもの原画家さんですね。悪くない、良い絵柄だと思います。
妊娠したときのイベントCGや、子供と一緒のイベントCGなどはこのゲームの特色ですね。
温かな家庭って感じがして非常に良い雰囲気です。
まぁ、CG数が少ないのは如何ともし難いですが。

システムは未既読管理、シナリオ回想あり。
パッドでも操作できますが、思うようにコマンドが操作できないため
アクションシーン以外では結局マウスで操作することになると思います。
もうちょっと操作性を改善して欲しかったかも。
アクションシーンは基本は体当たりで相手を画面外に押し出すバトルですが、
場合によってはレースだったり障害物回避だったり。
基本的に単調で、それほどテクニックや戦略性は要求されません。
パーティを色々編成出来ても、結局主人公一人で戦うのが一番効率が良かったりとか、
育成もあまり意味がなかったりとか。全体的に練れていない感じがしました。
あと、アクションシーンで頻繁に固まる(フリーズではなく、処理落ちが酷くなったような感じ)のがイマイチでした。
アクションゲームなのにCPU負荷が高くないのは評価できるのですけどね。

えっちは、ヒロインあたり何度でも出来ますが、ちゃんとしたイベントがあるのは2回だけです。
内容的には悪くはないですが、ちょっと物足りない気はしますね。回数とか。

中価格なのにアクションゲームの要素もあったりと意欲は感じられますが、
プレイする側の立場から言うとこれでも物足りない気はします。
開発者の労力に見合うほど遊べるアクションではないのと、シナリオが皆無に近いのが何とも難しいですね。
[top]
H℃(エイチドシー)
夢見師
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]