<<  ♪2006/12/15♪  >>


すくぅ〜るらぶっ!そよ風のハーモニー 特別ぱっく
エーデルワイス 初回限定版
OL凌辱セット WVセレクション9
きすみみ!!〜Kiss!Me!Me!〜
巨乳セット WVセレクション10
Queenボンジョルの!〜女王は制服を脱いだ〜
クロスセット 〜淫堕調教〜
Sexyビーチ3 キャラクター追加DISC 初回限定版
戦国ランス
ダンジョンクルセイダーズ〜TALES OF DEMON EATER〜
永遠ズ語リ(トワズガタリ)-少女凌辱秘抄-
背教学園〜操られた信仰〜
ふぁみ☆すぴ!!〜FamiliarSpirit!!〜 初回版
魔ヲ受胎セシ処女(おとめ)ノ苦悦
みにきす〜つよきすファンディスク〜

DisAbel
すくぅ〜るらぶっ!そよ風のハーモニー 特別ぱっく
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
OVERDRIVE
エーデルワイス 初回限定版
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
WestVision
OL凌辱セット WVセレクション9
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
ぷらす+てぃっく
きすみみ!!〜Kiss!Me!Me!〜
3 3 4 3 3 3 1 70
ケモノ耳萌え〜なゲームです。一応ジャンル的には学園モノ?

粘膜接触により感染する『みみっこ体質』になってしまった主人公達のお話ですね。
粘膜接触とか言いつつ事故で唇同士がぶつかっただけで感染するとは、HIVも裸足で逃げ出す感染力。
治癒の手段も無いとは、なんて恐ろしい・・・んですが、まぁ細かいことは置いておいて。
登場するキャラの個性に合わせて?ケモノ耳にも色々な種類があります。
子犬系ショタな主人公なら犬、気まぐれなヒロインは猫、巨乳な姉は牛、などなど。
TVアニメみたいにシナリオが1話ごとの短い区切りになっていて、話と話の合間には次回予告があります。
で、1話終わるごとに複数の次回候補から次に見るストーリーを選択します。
シナリオ自体は特に盛り上がるわけでもなく、感動するわけでもなく、本当に普通の内容です。
同じライターが別ブランドで手掛けた『スクールぱにっく!』はお気に入りのキャラクタが居たため短いながらも結構楽しめたのですが、
本作はそこまでお気に入りのキャラが居なかったため、ちょっと評価的には微妙になってしまいました。

お気に入りヒロインは真央。猫っぽい娘ですね。
一番表情が豊かで見ていて、イイ性格をしていました。

絵はロリ系の絵柄ですね。主人公が問答無用にショタなビジュアルなのは若干好みが分かれるかも知れません。
絵柄自体はまぁ可愛らしくて良かったと思います。
あと結構特徴的だったのが、顔アイコンが縦横無尽に画面上を動き回る演出。
ちょっと古いゲームですと『ブルマー2000』とかその辺のイメージです。・・・って判る人は少ないかも?
別のキャラをずるずると引っ張っていったり、追いかけっこをしたり、そういう演出をするには結構効果的でした。

システムは未既読管理、シナリオ回想あり。
CPU負荷と使用メモリが半端ではないです。これはかなりの欠点かと。
一応機能的には不自由を感じない程度には最小限の機能は揃っていたのですが・・・
ちなみに『きすみみポイント』を消費するとえっちシーンが増える感じなのですが、このシステムは不要だった気がします。
というのも90%溜めても1回の消費で60%も減ったりとか、妙に納得の行かない数値の変動具合ですし、
減っても自由に補給できるものでもなければ、そもそも使う機会が限られていたりと、使いどころも使い勝手もイマイチ。
えっちシーンが増えたと言っても、えっちのないお話に強引にえっちシーンが挿入されるような感じで何処か不自然ですし、
そもそも2通りのパターンを用意する必要、見る必要はあるのか?って話です。
そこはちょっとだけ気になりました。

えっちは、ヒロインあたり3〜6回程度+ハーレムえっち数回。
内容は普通、尺が短めなので回数の割には実用性は若干落ちる感じでした。

演出などは非常に凝っていますし、やる気はかなり感じられる意欲作だと思います。
もうちょっとシナリオに光るモノがあればもっと化けたかも知れないだけに、
無難な内容でしかなかったのが残念と言えば残念だったかも。
[top]
WestVision
巨乳セット WVセレクション10
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
G.J?
Queenボンジョルの!〜女王は制服を脱いだ〜
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
WestVision
クロスセット 〜淫堕調教〜
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
イリュージョン
Sexyビーチ3 キャラクター追加DISC 初回限定版
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
ALICESOFT
戦国ランス
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
アトリエかぐや TEAM HEARTBEAT
ダンジョンクルセイダーズ〜TALES OF DEMON EATER〜
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
MARRYBELL
永遠ズ語リ(トワズガタリ)-少女凌辱秘抄-
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
ANIM
背教学園〜操られた信仰〜
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
SkyFish
ふぁみ☆すぴ!!〜FamiliarSpirit!!〜 初回版
4 5 3 3 5 4 2 75
現実世界とファンタジー世界の2つの世界が1つに融合した世界のお話です。
エルフなクラスメイトと一緒に学校に通う、そんな世界観。

主人公と、彼がひょんな事から魔界から召喚し使い魔契約をしてしまった魔王の少女の関係がメインになっているお話です。
あー・・・この魔王のパムなのですが、彼女がもう可愛すぎ。
このゲームの目的の9割は彼女を愛でることだと思って間違いないです。
いじらしくて寂しがり屋な彼女を後ろから抱っこしたり、エロい意味でなく(エロいこともするのですが)一緒に寝たり、
ラーメン屋で餃子を奪い合ったり、はー・・・萌える〜。
まぁ、シナリオ自体は共通の大きな流れが存在し、どのヒロインルートに進んでも結局似たような展開になるなど、
2周目以降がかなり作業的になってしまうのが構成的な欠点としてはあるのですが。
1周目に関して言えば凄く楽しめました。なので1周目でパムを攻略するのがお薦めかも。

お気に入りヒロインはパム。
魔王らしいのですが全然悪ぶることもなく高飛車でもなく、普通に良い娘です。
あぁ主人公、彼女を放ったらかしにせずにちゃんと電子レンジの使い方を教えてあげて〜〜ッ!

絵は割と可愛い系の絵柄です。ちょっと身体のデッサンが微妙な気がしました。
割と演出に凝っていて、歩いているシーンで立ち絵が上下したり、えっちシーンで画面が揺れたり、
魔法で吹き飛ぶキャラが回転しながら小さくなったりと、様々な効果があります。
画面効果自体はON/OFFの設定はないのですが、それほど重くはなく時間も掛からない処理なので、
速度的な不満はそれほど出ませんでした。
ただ、画面が揺れる処理に関しては『酔う』といった苦情も出ていたりするそうで、今後パッチが出るらしいです。
CGよりも文字を優先で視点を固定していると酔いづらいかも。
インストールファイルがアーカイブ化されておらず、1万数千ファイルコピーされるのは気分的に結構嫌でした。

えっちは、メインヒロインであるパムが14回程度、準メインヒロインが10回程度、その他のヒロインが1〜3回程度。
かなり回数的には偏っていますね。エロさ自体はまぁ、そこそこです。
ただ前述の通りデッサンが微妙なCGもあったりしますので、ちょっとだけ盛り上がりにくかったりすることも。

取り敢えず、パムが可愛らしかったのでちょっとした欠点とかは目を瞑っても良い気分になっています。
萌えゲーらしい萌えを求めている方にはかなりお薦めかと。
[top]
アイル【チーム・SOIF】
魔ヲ受胎セシ処女(おとめ)ノ苦悦
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
きゃんでぃそふと
みにきす〜つよきすファンディスク〜
4 3 5 3 5 4 1 75
言わずと知れた有名ゲーム、『つよきす』のファンディスクです。
実際の開発に携わったスタッフは既にこのブランドを退職していますが、その遺産(?)ですね。

内容は、コンシューマ化で増えたらしい新ヒロインルートと、『姉しよ』シリーズと『つよきす』の共演シナリオ、そしてミニゲームです。
新しく増えたヒロインは、主人公が『テンションに流されない』生き方を選ぶ切っ掛けにもなった人物。
『テンションに任せ突っ走る』彼女は、主人公とは良い対比になっていて『つよきす』の締めを飾るにある意味相応しかったです。
序盤は(恐らくコンシューマで追加された)幾つかのCGが増えていたり、
新ヒロインの顔見せのイベントがある以外はまるっきり本編と同じ出だし、展開。
そして本編で最初に場所選択のアイコンが表示される位置まで進んだあとは、無条件に新ヒロインルートへ突入する構成でした。
シナリオ自体は本編のヒロインルート1人分と質量共に大体比肩する感じで、悪くはなかったです。
パロディも相変わらずそれなりに出てきました。
『姉しよ』との共演シナリオについては、特にヤマもなくオチもなく意味もない取るに足らない内容でした。
結局何がしたかったのやら。
ミニゲームは2種類あって、クイズとタイピングゲームです。
クイズの方は『姉しよ』『つよきす』が題材。○×クイズだったり、4択だったり、映像クイズだったり。何処かで見たような形式ですね。
何度でもコンティニュー出来るため難易度は大したことがないのですが、後半になると問題数が半端でなくなるため、
コンティニューしまくることになると思います。
実生活では全く役に立たない知識をどれだけ暗記することが出来るか、まさに作品への愛が試される一品かと。
タイピングゲームに関しては、必殺技とかの概念はありますが基本的にはその辺のタイピングと変わらない感じでした。

お気に入りヒロインは素奈緒。そこまで気に入ったわけではないですが、唯一の新キャラなので。
正論を振りかざすってのは割と嫌われそうな要素ですね。実際に身近に居ると息苦しそうかも。
『トサカに来た』って口癖は無いだろうと思いました。

絵はつよきすと同じ原画家さん。新ヒロインはツインテールなのですが、明らかに髪を下ろしたCGの方が可愛かったです。
ツインテール意味ない・・・

システムは未既読管理、シナリオ回想あり。
ADVやミニゲームがそれぞれ別のEXEになっていて、設定が共有されないのは面倒くさかったです。
何処かで共通の設定を済ませておけば、全てにそれが適用されるくらいは出来ても良かったと思います。
あと終了を選んだ際にヒロインがメッセージを喋り、それが終わるまでは終了されないというのは邪魔でした。
ADVの方は機能的には問題なかったのですが、ミニゲームの方はシステムにはかなり不満があります。
ミニゲームでは文字速度や画面効果、音声のコンフィグがありません。
クイズでは全体的にもっさりしていて、回答を選択するクリックになかなか反応してくれません。
タイピングソフトでは先行入力を受け付けてくれず、画面効果によって入力受付開始のタイミングがずれるため爽快感がありません。

えっちは、新ヒロインのみ存在し、合計3個。
内容は特にコメントすることもなく、普通です。

新ヒロインルート以外は、本当におまけですね。まぁそれがファンディスクらしいと言えばらしいのですけれど。
新ヒロインルートに関しては、本編と同じクオリティなので本編が好きであれば普通に買いだと思います。
[top]