<<  ♪2006/04/21♪  >>


青空の見える丘
オイラは番台2
姦染〜淫欲の連鎖〜
創美セット ダーク
ななついろ★ドロップス
ぴん☆すた〜絶頂皆伝3姉妹〜
炎の孕ませ人生〜あの頃に戻って孕ませナイト〜
まいんど☆ぱぺっと〜ファミレス店長のアブない野望〜
マエバリ帝国の逆襲
よくばりサボテン
しまいま。
凌辱人妻温泉 Memorial Edition
レイプレイ

feng(フォン)
青空の見える丘
3 4 4 3 4 3 2 65
ジャンルとしては、普通の学園モノです。

最近のゲームでは類を見ないほどに主人公がイイ奴で、空気が読めて、人を思いやることが出来て、
周囲の暖かさに感謝の気持ちも忘れず、とお前何者だよ、と言うくらいの人格者ぶり。
主人公を取り巻くヒロイン達もそれぞれに個性的なので、日常パートはかなり面白いです。
パクりネタのギャグがひたすら多いのを除けば。
共通ルートが長いのがちょっと残念で、1周目はそれなりに時間が掛かりますが
2周目以降は1時間弱で恐らくクリアできるのではないかと。
で、日常パートが面白いのは良かったのですが、個別ルートに入るとシナリオの魅力が激減します。
と言うのも、個別ルートで扱うネタが☆イジメ☆やら☆事故☆やら☆ストーカー☆やら。
伊織ルートで出てくるのはまぁ、まだヒロイン本人の成長物語と言えなくもないのでまだマシだったのですが、
大抵この手のネタは出てきた瞬間に作品への愛着が薄れてしまう地雷要素だと思っています。
ので、個別ルートに入ると途端に面白くなくなるのがかなりマイナスでした。

お気に入りヒロインは伊織。学園のアイドルが幼馴染みというのは意外と少なくなってきたパターンかも?
ヒロインの中では一番ノーマルなお方でもありました。

絵はそこそこ可愛らしい絵柄。凄く巧いというわけではないのですが、雰囲気は出ています。
えっちのあと足をバタバタさせている伊織のCGなどはかなりお気に入り。

システムは未既読管理、シナリオ回想あり。
直前の選択肢に戻る機能も付いています。
それ以外の使い勝手は普通だったかも。

えっちはヒロインあたり2〜5回。大抵は5回です。
意外と主人公が頑張っていて、1回のえっちで抜かず2〜3発くらいはすることも。
ヒロインもそこそこえっちに積極的ですし、純愛モノとしてはちょっとだけ濃いかも知れないです。

日常パートは良かったんですけどねぇ・・・個別ルートのシナリオがかなり足を引っ張ってますね。
まぁ、日常の雰囲気を楽しみたい方向けなのでしょうか。
[top]
インターハート
オイラは番台2
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
SPEED
姦染〜淫欲の連鎖〜
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
West Vision
創美セット ダーク
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
ユニゾンシフトブロッサム
ななついろ★ドロップス
3 4 5 3 3 3 1 60
怪しげなジュースの所為で一日の半分はぬいぐるみに変身する体質になってしまった主人公のお話です。
体質を直すためには『星のしずく』と呼ばれるマジックアイテムをヒロインと一緒に集めなければならないのですが・・・

まぁ、ある意味魔女っ娘モノですね。
結局『星のしずく』とは何なのか、とか、二つの世界の話とか、キーパーソンの説明とか。
そう言った色々なことへの説明が欠けているので、その都度適当な設定を考えては盛り込んでいったという印象を受けました。
つまらない訳ではないのですが、世界観の説明が足らないために何かが引っ掛かって素直に納得できない自分が居たりします。
と言うか、ちゃんと世界観とかの設定は作ってるんでしょうかね?つじつまが合う程度にでも。
攻略可能ヒロインは3人。共通部分がそれなりに長く、またあまりテンポ良く進んだりもしないので
体感的にはヒロインの数以上にボリュームがあると感じます。
長い割には進展が遅いのでちょっともどかしい感じはかなり付きまとうかも。
結ばれるまでが長いのに結ばれてからは短く、また全てが解決しないまま余韻も何も無しにEDが終わっちゃったりと、
ちょっと構成的な疑問も残ったりもしました。

お気に入りヒロインは撫子。物静かな中にも芯の通ったところがあって良いですね。
ただ、シナリオ的には一番外側にいる感じでしたけど。
サブヒロイン・・・と言うか攻略できないクラスメートにも可愛い娘が多く、何故攻略できないのかと小一時間。
と言うか、主人公の悪友といった感じの位置付けの男がハーレム状態に見えるのは気のせいでしょうか。

絵はいとうのいぢ氏とぺろ氏原画。
ライトノベルのような・・・というか実際にライトノベルの挿絵もされているのですが、
そう言う絵柄でエロもあるので何だか禁断の扉を開けているようで別の意味で感慨深いモノがあったり。
氏の原画のエロゲはそれこそ6年前から知ってるわけですが、今更そう感じるのはハルヒ効果なのかも。

システムは未既読管理、シナリオ回想あり。
動作は重くないのですが画面効果の速度が遅く、OFFにしても完全には省略されないので若干ストレスは感じるかも。
非アクティブ時に動作が止まるのもマイナスです。

音声は概ね問題ないのですが、ノナの声が棒読みというか、ちょっと微妙だったかも。

えっちはヒロインあたり1〜3回。シナリオがひたすら長いクセに最後の最後まで本番付きのえっちシーンが出て来ないため
全然エロゲをプレイしている気分になりませんでした。

貶しまくっているように見えますが、そこまで面白くないと言うわけでは無いです、念のため。
ただ、色々と物足りない感じもしましたので、その辺りもう少しどうにかなっていればもっと楽しめただろうに、と少し残念でした。
[top]
MARRYBELL
ぴん☆すた〜絶頂皆伝3姉妹〜
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
SQUEEZ
炎の孕ませ人生〜あの頃に戻って孕ませナイト〜
3 3 4 3 4 3 4 80
ひょんなことから過去へタイムスリップした主人公が人生をやり直しつつ女の子を孕ませまくるお話です。

良く似た内容をエロ小説で読んだことがあるのですが(爆)、まぁありがちックなパターンですね。
攻略可能ヒロインは2名だけ、その他は全員エロ補完要員という構成ですが
まぁヒロインにしても個別ストーリーは無いに等しいので、キャラ独自のシナリオとかは今回は諦めましょう。
ただ、今作ではそのことは別にマイナスにはなっていませんでした。
初学生(笑)、修学生(笑)、と時系列ごとにイベントが起きて、ひたすらえっちシーンが発生するのでもうお腹一杯というか。
いやはや、堪能しました。
ロリ方面に比重が偏っていたのも私的には嬉しかったです。

お気に入りヒロインは特になし。

絵はMBSの作品を幾つか担当された原画家さん。
割とクセのある絵柄ですが、まぁ大丈夫でしょう。
ちょっとデザインのセンスが微妙なのもあった気もしなくはないですが。

システムは未既読管理、シナリオ回想あり。
MBSと同じエンジンで、やはりアニメーションも搭載してます。
私の場合はアニメーションや画面効果はほぼ無条件でOFFにするのですが、
ちゃんとそう言う選択肢がオプションに用意されているのは良いですね。
アニメーションをONにしてプレイすると、やはりまだもっさりした感触ではありました。
後は特に問題は感じませんでしたが、毎回射精場所選択が出るのはちょっとうざかったかも。
オプションでデフォルトの射精場所を決定できるか、あるいは問答無用で中出しでも良かったように思います。
何せ孕ませるのが目的のゲームなのですし。

えっちは合計52シーン。ロリから人妻から教師から色々と取り揃えてあります。
主人公は早漏気味ですがその代わり装弾数が半端ではなく、途中で止めない限りどのシーンでも抜かず4発は可能。
3Pだと合計8発・・・
ひたすらにエロくて良いのですが、頻繁に出てくる射精場所選択はかなり邪魔です。
わざわざ選択肢を選ばされるのも面倒なら、選択後変な音を立ててメーターが減っていくアニメーションも邪魔。
この所為でテンポが悪くなるのはかなりいただけない感じだったかも。
それでも抜き目的なら今年私がプレイした中ではかなり上位の実用度だと思います。

前作に比べると個性を生かした上で良い方向に進化していると思います。
もし次回作があるなら、更に抜き目的に使えるよう進化していて欲しいですね。
・・・ちなみに割と高い点を付けましたがほぼエロでの加点です。
[top]
TOP
まいんど☆ぱぺっと〜ファミレス店長のアブない野望〜
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
Ark Shell
マエバリ帝国の逆襲
2 3 4 1 3 3 1 45
突如地球が『マエバリ星人』に占領されてしまい、女性のマエバリ着用が義務付けられてしまった、と言うお話。

タイトルを見るだけで判るとおり、馬鹿ゲーですね。
何故マエバリなのか良く判らないのですが、立ち絵が無意味に下半身もろ出しなので、目の保養にはなります。
シナリオはまぁ、予想通り微妙です。シナリオ目当てで買った訳じゃないので、想定の範囲内と言えばそうなのですが。
特に大した展開でもなく、余韻も何もない終わり方でした。
ちなみにマエバリがテーマのように見えますが、実は宇宙人のトンデモ科学力がメインのテーマになっていました。
何故か意外と難易度が高く実はヒロインの半分は攻略できていません。
何度か挑戦したのですが、ルートに入れなかったりBadしか見れなかったり。
システムが最悪なので再挑戦の気力も尽きてしまい、このまま積むことになりそうです。

お気に入りヒロインは特になし。

絵は和馬村正氏原画。最近ちらほらと見掛けるようになってきた原画家さんです。
好みの絵柄なのですが、今回はゲームのテーマがマエバリ・・・ではなくトンデモ科学力だったので、
巨大化したり触手が絡んだりダルマになったりと微妙なシーンのCGが多く堪能は出来ませんでした。

システムは独自のエンジンでしょうか。未既読管理、シナリオ回想は付いていました。
ただ、動作が非常に重く起動中は常にCPUを90%近く占有し、他の作業が全く出来無くなる状態。
更に非アクティブ時にはゲームの動作が中断し、スキップ中でもやはり他の作業が全く出来無い状態に。
画面効果がイライラするほど重く、しかもオプションでOFFにするどころかクリックでも中断できないという。
何というか、快適にプレイできるかどうかを論じる以前の問題です。
吉里吉里でも何でも良いのでフリーのエンジンを使った方が余程マシだったかと。

えっちはエロ目当ての馬鹿ゲーのように見えて実はそれほど多くはない感じ?
マエバリフェチではないのでマエバリに傾倒した内容で無かったのは別にどうでも構わなかったのですが、
怪しげな科学力で巨大化したヒロインが自慰で新幹線や主人公を性器に突っこんだり、
四肢を次元の位相をずらした、とかでダルマプレイしたり。何だかグロいシーンが多かったのには閉口しました。

絵以外の部分にはあまり期待していなかったのですが、予想を遙かに上回る足の引っ張りっぷりでした。
地雷かと。
[top]
ALICESOFT
よくばりサボテン
4 5 5 4 3 3 2 85
アリスソフトの低価格シリーズです。
学園ラブコメ第2弾とのことですが、はてさて第1弾は何だろうと本気で悩んでみたり。
アトラク・・・は流石に違うでしょうし、エスカレイヤー?SeeIn青?プロスチューデントG・・・っていうオチだったりは流石にないか。

ゲーム開始直後に父親から『恋人を作れ』みたいな指令を受け、意識しているうちに、周囲に次々と女の子が集まってくると言う感じ。
あまりにお約束過ぎる導入に不安になったりもしたのですが、そこはそれ。老舗ブランドの地力を見せられました。
ヒロイン達の恋の駆け引きや、主人公のわざとらしいまでの格好良さや、お約束な展開ばかりですが描写のレベルが高いのでニヤニヤしまくりです。
目新しさはないものの、平均的なレベルが高いので面白く感じるという例でしょうか。
ただ、老舗ブランドだからこそ高いレベルで作ることが出来たというのはあるのでしょうが、
逆にアリスソフトにしか作れない作品だったかというと、それは少し疑問で。
そう言う意味でコアなアリスファンには世相に迎合しすぎと感じてしまう部分もあるかも知れません。
私はそこまでアリス信者というわけではないので普通に楽しめたのですが。
ただ、低価格ソフトの弊害か流石にボリューム不足などの感は否めないです。
ヒロインによってシナリオの長さに非常に偏りがあり、メインヒロインのネコミミ妹などは普通の価格帯のソフトに比べても遜色のない
シナリオの出来と長さ、えっちの回数があったのに対し、他のヒロインはルート分岐から直行でEDになったりとか。
割と面白い作品だったので普通の価格でも良いからもう少し他のヒロインも同等なシナリオが用意されていれば、と残念に思いました。
まぁ、価格が価格なので仕方のないところでもあるのですが。強いて言えば勿体ない、と言う感想ですね。

お気に入りヒロインは凛。淡々としたキャラなのに兄思いで情熱的で、非常に良い妹さんです。
甘え上手ですし、流石ねこ属性。

絵は可愛く描けていますし、一般受けもしやすい絵柄ではないかと。

システムはアリスソフト独自のエンジン、System4.0です。
流石に動作の軽さが売りなだけあって、結構安定した動作でサクサク動きます。
スキップ速度などは気持ちが良いくらい。
ただ、ちょっとシステマチックなデザインかもなぁ、と言う気もしましたが。
今更ですが『タイトルに戻る』と言うところが『再起動』になっている辺り、独特な方言ですねぇ。

音声はパートボイス。男も女も喋りますが、かなりの場所で声が出ないです。
このパートボイスというのも何だか中途半端でアレですよねぇ。
男の声要らんから女性ボイスだけでもフルにしてくれと私などは思うわけですが。
まぁ、低価格との兼ね合いもあるのである程度は今回は仕方ないのかも知れません。フルボイスに越したことはないのですけどね。

えっちはヒロインあたり1〜7回程度。多いヒロインはかなり多いですし、少ないヒロインは1回のみです。
内容自体は普通でしょうか。
ハーレムEDがあるクセにハーレムえっちが無いのはかなり悔しいかも。

低価格ソフトとしては破格の出来だと思います。
かなり万人向けの内容ですので、コアな方よりは世間一般の方にこそ受けそうな内容ですね。
[top]
ALICESOFT
しまいま。
3 4 4 4 3 3 3 70
『アリスの館7』に収録されていたらしい短編です。
現在はOP動画の画質が下がっただけで製品版と言っても過言ではないファイルがHPから無料でダウンロードできます。
・・・700MB以上もある巨大なファイルなんですけどね。う〜む、流石アリスソフト。

普通の学園モノです。流石に無料で配布できちゃう程度にシナリオも登場人物数も控えめですが。
実質低価格ソフトと同じ位置付けだと考えて良いのでしょうか。
実は『よくばりサボテン』と世界観を共有していて、ヒロインの一部は両方に登場したりもします。
サボテンの方には淫魔云々の設定は出てきませんでしたので、完全に同一の世界かと言われると少し疑問もありますけど。
メインヒロインは淫魔と人間のハーフの姉妹さん。気の強い姉と内気な妹って言う図式ですね。
ひょんなことから彼女達に見込まれてえっちの相手を務めることになると言うのがストーリーの主な流れです。
ほぼ最初からヒロインは好意的ですが、最後にはもっと凄く愛されるようになってしまいます。
ラブエロが好きな方にお薦め!という感じですね。
メインヒロイン2人の存在感は結構あるのですが、その他のサブヒロインに関しては存在感はあまりなく、
えっちシーン補完要員未満な扱いの気もしなくもありません。
この点は価格やボリュームの問題でもあり、無料でプレイしている手前何も文句が言える筋合いでは無いのですけれど。
ちなみに主人公比較ならサボテンの方が魅力的だったかも。こちらの主人公は優しいだけのようで、ちょっと見せ場が足りない印象はありました。

お気に入りヒロインは零。凛としたところも好みなら、問答無用でえっちシーンに巻き込まれるシチュエーションにも萌えます。
サブヒロインなだけに出番が少ないのがかなり残念。
世間的には気の強い姉がメロメロになってるところに萌える人が多そうです。

絵は割と可愛く描けていて問題のないレベルかと。
ただ、腕がちょっと細すぎるようでその点だけかなり気になりました。

システムはアリス独自のSystem4.0。
サボテンよりは少しだけマイナーバージョンが下がっているようですが操作性とかはほぼ一緒でした。

音声はパートボイス。

えっちはほぼ全てヒロインの姉妹のシーン。で、サブヒロインにも2〜3回ずつだけシーンがありました。
淫魔って言う割には内容自体は割と普通でした。そこそこ濃いので実用性もそれなりかと。

メインヒロイン2人のためにあるようなシナリオでしたので、彼女達が気に入ったならかなり楽しめると思います。
逆にサブヒロインにお気に入りが出来てしまったら、出番の少なさに悶々としそうです。
まぁ、今は無料でダウンロードできるので取り敢えずやっとけ!って感じですね。
旧作とかを無料で公開するのは知名度アップにかなり有効そうですし、心情的にも応援したくなります。
この作品が気に入ってから『よくばりサボテン』を購入という流れもかなりアリかと。
[top]
STRIKES
凌辱人妻温泉 Memorial Edition
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
イリュージョン
レイプレイ
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]