<<  ♪2005/11/18♪  >>


愛のチカラ
でふこん☆わん
はぴねす! 通常版
人妻恥辱百貨店

シルキーズ
愛のチカラ
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
あんでる
でふこん☆わん
5 5 5 3 5 4 3 80
タイトルの意味ですが、どうやら『Defence Condition 1』の事のようですね。軍事用語?

軍オタ以外お断りっぽい先入観がありましたが作中で蘊蓄を垂れられまくる訳で無し、特殊な知識が要求される訳で無し、至って一般向けな内容でした。
『〜であります!』『サー、イエッサー!!』みたいな口調のキャラが居て、たまに戦車や重火器が出てくるようなノリを楽しむゲームです。
マニアックなネタを期待してプレイすると肩透かしになると思いますが、その分普通の人が楽しめるゲームになっていたかと。
そもそも軍関連のネタ担当はヒロイン中2人だけですしね。その他のヒロインも何かしら濃い設定を持っていましたが。
主人公はいかにもエロゲの主人公!といった感じで煩悩に忠実なタイプです。漫画だと某『GS美神』の横島忠夫みたいな感じ。
この手のキャラは暴走しすぎると痛々しくて見ていられないのですが、今作の主人公は割と良い位置で踏み留まっていると思います。
例えば煩悩を解放する対象があくまで自分の好きな女の子に限定されていることとか。
主人公を崇拝する空に対し、セクハラを強要しないこと(冗談で言ったら通っちゃった、てのはありましたが)とか。
ヒロインもそれぞれに個性的ですし、ホモキャラの樹多郎や名も無き男子生徒達にもそれぞれ出番が一杯があり、
変な設定がてんこ盛りの割には意外と正統派な学園モノとして楽しめました。
何でもアリの、ある意味ドラえもん的な存在の空が良い感じに世界観を固定していますね。
主人公だけを女子校に転校させるのではなく、男子クラスそのものを移動させる辺りのスケールのデカさに脱帽です。
シナリオ自体は共通ルート7:個別ルート3くらいの割合。
共通ルートはそれなりに長いのですが、共通ルートの中でも選択肢によってシーンそのものが分岐することがあり、
意外なことに数人目のヒロインを攻略中でも目新しいシーンに遭遇することが出来たりします。
CGの回収が大変だなと思う反面、プレイのし甲斐があって良いですね。勿論手を抜かずに作られているという意味で好印象です。
個別ルート開始前後の繋がりとかまだまだ甘い点はありますが、男女が入り交じってイベントを行ったり闘争したり、
みんなで恋を祝福したり応援したり、学園生活を堪能できるという意味では結構良い作品だったかと。

お気に入りヒロインは空、かがり、七海。
空は子犬的な愛らしさがありますね。ちょっとおバカっぽいところも可愛いです。
かがりは立ち位置というか、一本筋の通っているところが良いです。
七海は意外と苦労人なところが・・・

絵は若干腕が細長すぎたり太股が太かったりとちょっとクセがありますが、可愛らしくて良い絵柄だと思います。
演出も通常の立ち絵の他にチビキャラが動き回ったり、結構手が込んでいました。
某『Fate』並とは流石に言いませんが、その辺のゲームよりは表現力が豊かです。

システムは未既読管理、シナリオ回想あり。
基本的にはそれほど使い勝手の悪いシステムでは無いのですが、セーブデータにサムネイルが付かなかったり、
クイックセーブ/ロードが無かったりと、望めばキリがないとはいえ、少し残念な処も。
まぁそれ以前の問題としてたまにスクリプトミスでゲームの進行が止まる場所があり、こちらは致命的ですね。
回避方法は、直前のセーブデータをロードして既読スキップで問題箇所を突っ切ることです。
その後バックログを読めば一応は補完できますね。

音声は主人公を除いて男女ともにフルボイス。個別に音声をON/OFF出来たりはしませんが、
今回の男声はあまり気にならなかったので自分的には問題なし。
死にかけのおっさんが名演していたりとか。まぁどうでも良いですね。

えっちはヒロインあたり4回。うち、本番は3回です。
短いものからそれなりの長さのものまで、色々とありました。
内容的には普通だったと思います。

意外と正統派な学園モノとして、それなりにお薦めできるのではないかと。
[top]
ういんどみる
はぴねす! 通常版
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
STELLAR
人妻恥辱百貨店
1 2 4 3 3 3 1 35
人妻にもデパガにも全く興味は無いのです(爆
という訳でノーマークだったのですが『視姦同盟』の続編で前作のヒロインやロリも出てくるというので吶喊。見事に踏みました。

シナリオですが、タイトル画面の段階で2つに分かれています。デパガである人妻パートと、少年が主人公のショタパートですね。
シナリオは、両パートとも有って無いようなものです。低価格だということを考慮に入れてもこれは酷い。
短さ、陳腐さ、共に凄いレベルです。一体何年前のゲームなんだ・・・

お気に入りヒロインは特になし。

絵は独特の絵柄ですが、結構上手いと思います。村田蓮爾に似てるとか言うと各所からツッコミを受けそうですが。
前作のヒロインが一番見た目的には好みなのですが、流石に出番が少ないですね。
何故か男キャラが色黒なのが特徴的。
ショタのブリーフラインが眩しいです。そんなの見たく無かった・・・

システムは吉里吉里システム。未既読管理、シナリオ回想あり。
平均的な仕様です。

音声は主人公及び女性のみフルボイス。
ショタの少年も喋りますが、私的には要らなかったです。
個別にON/OFF出来無いのが残念でした。

えっちは、人妻パートは旦那さんとの変態プレイ。女性視点です。
仕事中に隠れて逢瀬・・・というシチュエーションでしょうか。何だかどうでも良くなってたのであまり覚えていません。
ショタパートは、主人公が男の男性視点。
ショタが同年代の少女に女性上位で振り回される感じです。女装させられて弄られたり。
あとは、前作のヒロインが両方のストーリーで友情出演してえっちシーンを披露しています。
2つのパートをクリアするとサブシナリオが選択できるようになり、スワッピングというか乱交というか、そんなのを始めます。
う〜ん・・・微妙・・・

元々絵以外には期待していなかったので、絵さえ良ければ納得できるはずなのですが、
それにしてもこの地雷っぷりは・・・う〜ん・・・
[top]