<<  ♪2005/09/30♪  >>


下半身の壁〜新・凌辱痴漢地獄
思春期 初回限定版
なつ☆なつ 初回版
あつめてしっぽ
おしえてKissMe
群青の空を越えて 初回版
シャングリラ ・マルチパック
ダンシング・クレイジーズ
刃鳴散らす(はなちらす)
牝奴隷(メドレイ)〜犯された放課後〜
LOVE☆でゅーす!〜姉×お嬢様の誘惑テニス合宿〜

Anim 下半身の壁〜新・凌辱痴漢地獄
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
RUNE 思春期 初回限定版
4 5 4 3 5 4 4 80
ひょんなことから、次々と増えた妹と仲良くなるお話です。

と言っても、どちらかというと好意を向けてくれる女の子たちと同居しているというシチュエーションが重要のようで、
近親的なインモラルよりは一つ屋根の下で周囲の目を盗みながらイチャイチャ、の方に比重が置かれている気がしました。
シナリオは基本的にファンタジー要素は存在せず、そう言う意味で同系統の過去の作品『初恋』とは区別されています。
仲良くなって、ラブラブエロエロして、困難が発生しても二人の愛と、みんなの協力で乗り越える。
構成的にはまぁ、王道の展開です。
今回は主人公の親友は自前の彼女が居るため、親友とヒロインを奪い合うような展開もなく大体はぬるめ。
まったりと会話を楽しみながら周囲の目を盗んでえっちに耽るスリルを楽しむことが出来ます。
共通ルートが半分ほどありますが、個々のヒロインルートではそれぞれのヒロインにあったシナリオが用意されていて、
近親担当、甘え担当、・・・、鬱担当とそれぞれの個性を生かしたシナリオを楽しむことが出来ます。
ちなみに鬱担当は☆智恵理☆。
鬱展開が苦手な方は彼女さえ回避すれば問題なく楽しむことが出来ると思います。
ちなみに鬱の内容は寝取られとか、非処女とか、その手の類では無いので潔癖性の方はご安心下さい。
雪来ルートにすずめシナリオの伏線がある以外は、基本的には個々のシナリオは独立しています。
日常の描写やシナリオ自体もそれなりに面白く、何より純愛ゲームの中では屈指のエロさだったのでかなり楽しむことが出来ました。

お気に入りヒロインはみあ。
スキンシップが豊富で、何より甘えまくってくれるので愛着がわきます。
あとは、雪来もなかなか。普段は姉っぽいのに妹っぽくなったり猫っぽくなったりするのが可愛いかも。

絵はRUNEの看板原画家、野々原幹原画。
今回かなり絵柄が変わり、微妙に生々しい絵柄になりました。
正直、慣れるのに時間が掛かりましたが、慣れてしまえばそう悪くも無いかな?
えっちシーンのエロさはUPしたように感じました。

システムは未既読管理、シナリオ回想あり。
クイックセーブ/ロード、等の機能もついていました。
一回認証が終わればディスクレスでプレーできるのもいつも通りで、便利ですね。
今回はえっちの実用性も高いためかなり嬉しい仕様です。
ただ、セーブ/ロード画面がもっさりしていて重いこと、
何度か数十秒フリーズする現象が発生したこと(しばらく放置すれば回復しました)、
章の変わりごとにキャッチ画面が表示され、わざわざボタンを押さないと次に進めなかったのが不満と言えば不満でした。

えっちは、ヒロインあたり数回。恋人になった直後にかなりの頻度で『やりまくり』ます。
汁の量も凄いのですが、周囲の目を盗んでするシチュエーションや、かなり濃い目の内容、
1シーンで何発もする絶倫さ、おもらし、ロリ、等の要素てんこ盛り。
純愛ゲームにしては屈指のエロさだと思います。
若干アナル関係のシーンが多かったですが、あまり気にならなかったのでこれも大丈夫かと。

取り敢えず純愛系のゲームでエロいのを探している方は突撃しとけ!って感じですね。
お薦めです。

>>思春期 初回限定版(Amazon)<<
[top]
あんく なつ☆なつ 初回版
3 4 4 1 3 3 2 30
夏休みを田舎の大富豪の屋敷でバイトすることになった青年のお話です。

何というか、キャラクターが個性的で良いですね。
メイド長なのに通常のドジっ娘を遙かに凌駕するドジで、しかもそれを煙に巻く駄目メイド、
可愛そうなくらいに素直でお人好しで年上なのにロリ外見の従姉、
完全無敵のお嬢様、でも世間知らずで素直な女の子、
とひと癖もふた癖もある登場人物が揃っています。
そんな訳で、日常生活はかなり楽しむことが出来ました。
ただ共通パートの割合が大きすぎるのが欠点で、誰と一緒にいるかなどの違いはあれど、
どのルートでも同じようなイベントばかりで2週目以降が退屈になるのは残念です。
ところで、実はこのゲームは数人をクリアした段階で止まっていて、まだコンプはしていません。
システムの箇所で詳しく述べますが、致命的な不具合を抱えています。

お気に入りヒロインはさくらお嬢様。
お嬢様らしく微笑ましいシナリオだったと思います。
ちなみに、インパクトの強さだけならエリザベートが一番。
怪しげな方言は置いておくにしても、あの駄目人間っぷりは一目に値すると思います。

システムは未既読管理、シナリオ回想あり。
基本的な機能は揃っていたと思います。
ゲーム起動中のCPU負荷が結構高いのですが、これは恐らくバックで何かの処理がハングアップしているのでしょう。
長時間プレイしていると、Windowsが『メモリリソースが足りません』みたいな警告を出してきます。
タスクマネージャでパフォーマンスを観測してみると、大体秒間に1MB弱ほど利用可能なメモリが減っていきます。
なので10分間隔程度の頻度でゲームを再起動していないとPC自体が不安定になると言う・・・
多分後でパッチが出ると思うのですが、ディスクレスプレーが不可能なのが更に痛い。
パッチ待ちで当分はプレイできないだろうゲームのディスクをいつまでもトレーに入れておく訳にもいかないですし、
多分待ちきれずにアンインストールしてしまうと思います。

えっちはまぁ、普通です。
寝ているこりすに悪戯するシーンは少しだけ萌えました。

取り敢えず、興味のある方もパッチが出るまでは購入してもプレーを控えた方が良いと思います。

>>なつ☆なつ 初回版(Amazon)<<
[top]
あつめてしっぽ製作委員会 あつめてしっぽ
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
ユメスタ おしえてKissMe
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
light 群青の空を越えて 初回版
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
エルフ シャングリラ ・マルチパック
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
ソフトハウスキャラ ダンシング・クレイジーズ
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
ニトロプラス 刃鳴散らす(はなちらす)
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
アトリエかぐや TEAM HEARTBEAT 牝奴隷(メドレイ)〜犯された放課後〜
2 2 3 3 3 3 2 45
姉の命令で生徒会長や幼馴染みや女教師を陵辱するお話です。

物語の流れは、理由は判らない謎の陵辱命令→取り敢えず達成→理由判明、ですね。まぁ、まんまですか。
主人公自身の意志や目的意識で陵辱している訳ではないのでどうにも感情移入しづらいお話です。
しかも後半ではえっちシーンにある意味宗教じみた部分が混ざってくるので、エロにも没頭できないという。
ヒロインにキャラクターがたっている訳でもなく、主人公以外で登場する男キャラも何だか気持ち悪いし、
カタルシスもなく、ハッキリ言って期待はずれでした。

お気に入りヒロインは特になし。

絵はこのブランドでよく見る原画家さんで、いつも通りの絵柄です。
何というか、肉感的というか、ちょっと骨太というか、ガッシリしているというか。
私個人としてはもっとスリムな絵柄にして欲しいのですけどまぁ、安定した絵柄ではあります。

システムは未既読管理、シナリオ回想あり。
特に変わったところはない、平均的なシステムだと思います。

えっちは、予想以上に輪姦が多いですね。気分的には7割くらいが輪姦です。
しかも浮浪者に犯されると言うよりは変態集団に犯されるって感じで気持ち悪い・・・
あと、獣姦も2つほどありました。
獣姦に関しては、そう言うシーンを作りたいなら専用のゲームを作ってそれをウリにし、
普通のゲームには入れてくれるなと言いたいです。
何だかんだでシーン数は多いのですが、全体的に微妙でエロを楽しむことは出来ませんでした。

出来が悪いという訳ではないと思うのですが、個人的には地雷でした。

>>牝奴隷(メドレイ)〜犯された放課後〜(Amazon)<<
[top]
Lilith LOVE☆でゅーす!〜姉×お嬢様の誘惑テニス合宿〜
3 4 4 4 3 3 2 65
純粋で操縦されやすいタカビーお嬢様と、近親相姦上等な超ブラコン姉の出てくるお話です。

低価格ソフトらしく、シナリオは短いですね。
基本的に姉かお嬢様かの二択選択肢でシーン分岐があり、選んだ回数の多い方のEDになるという単純な構成です。
文章はそれなりに悪くないのですが、攻略が簡単なのと、やっぱりシナリオが短い所為で
低価格ソフトと言うことを差し引いても少しだけ物足りなさを感じました。

お気に入りヒロインは楓。一応ツンデレお嬢様のはずなのですが、登場時以外はデレ全開です。
ちなみに姉の方はあまり好みではなかったのですが、シナリオ上絶対に絡んでくるのが・・・う〜ん。
ちなみに、キャラの個性という点では丸子が一番です。
可愛くはないので攻略したいという気は更々無いのですが、それにしても良い味を出しています。
お嬢様の腰巾着とか取り巻きのように見えて、実は楓が素直で人を疑わない気質であることにつけ込み
あること無いこと進言して事態が面白おかしくなるように巧みに操縦する影の黒幕であるという・・・

絵は初めて見る原画家さんです。
多少クセはありますが、低価格ソフトとしては十分なクオリティだと思います。

システムは未既読管理、シナリオ回想あり。
吉里吉里のエンジンなので、操作性とかも馴染み深いものですね。
このブランドのゲームの過去の作品は何故か音声付きの文章は2回クリックしないと先に進めない仕様になっていましたが、
今作ではそれが解消されてプレイ中のストレスも無くなっていました。

えっちは、ヒロインあたり数回。
シナリオが短いので、次々とえっちイベントが発生する感じですね。
内容自体はまぁ、普通だったかと。

お手軽さがウリの、手軽にプレイできる作品としてはまぁ、悪くないかも知れません。
[top]