<<  ♪2005/09/02♪  >>


あいし〜きゅ〜 ボクっ娘なんて呼ばないでっ
ザーマン(暗黒のホテル王嬢を潰せ!) +ムーンフェイズ
痴漢者トーマスII
とってもハーレム
爆裂乙女SEXYマリィ

LimeLight あいし〜きゅ〜 ボクっ娘なんて呼ばないでっ
4 5 4 4 5 3 2 70
長い間病気療養で離れていた幼馴染みの少年が性転換して戻ってくるお話です。

と言っても何処かでそう言う手術を受けてきたとかそう言う話ではなく、
どちらかというとホルモン異常のファンタジー版みたいな感じ。
元は男だったかも知れませんが、今現在が可愛い女の子なら別に良いかぁ〜みたいな。
外見も性格も性別的にも女の子ですしね。
一人称が『ボク』なのと、えっちに対してオープンなのが個性と言えば個性でしょうか。
双子の姉の梓居も良いツンデレぶりを発揮していますし、キャラクター的には問題ないですね。
うん、現時点で両方とも可愛い女の子なら問題ないさ!と自分を納得させていたら。
・・・生えてくるし。着脱可能?
↑ネタバレにつき反転
まぁ・・・良いんですけどね。このゲームに関しては、そう言うのは気にしないことにした!
実はクリアするごとに到達可能なEDが増える仕様だったり、微妙に難易度が高かったり、
ハッピーで大団円な結末を見るのは少し大変だったりするのですが、
まぁ良いでしょう。割と可愛かったから許す。
ただ、他のふたなりゲーよりは拒否反応が起こりにくいとは言え
ふたなりに強度の嫌悪感を抱く人にはキツいかも知れませんので注意。

お気に入りヒロインは梓居。良ツンデレ。
つよきすで足りなかったツンデレ分をここで補給出来ました。

絵は最近流行りの絵柄ではなく、少しだけ古い感じの絵柄ですが悪くはないです。

システムは良くあるVisualArts系列のシステム。
未既読管理、シナリオ回想、前の選択肢に戻るなどの機能があります。

えっちは割合的には梓7、梓居3位でしょうか。
回数自体はそれなり。内容は多少匂いフェチっぽかったりブルマフェチっぽかったり。
シーンの長さ自体もまぁまぁで、悪くない感じでした。

天真爛漫なボクっ娘萌えや、ツンデレ萌えの方にはそれなりにお薦めだと思います。

>>あいし〜きゅ〜 ボクっ娘なんて呼ばないでっ(Amazon)<<
[top]
Tablet ザーマン(暗黒のホテル王嬢を潰せ!) +ムーンフェイズ
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
ザウス【吟醸】 痴漢者トーマスII
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
ユニコーンエー/Ark Shell とってもハーレム
3 3 3 3 4 3 2 55
タイトル通りの作品ですね。他に説明のしようもない直球なタイトル・・・

聞いたことのないブランドですが、スタッフが某トラビュランスと被っているようなので、
あちらの作品をイメージすれば判りやすいのではないかと思います。
というか、まんま『尽くしてあげちゃう』ですね。
タイトルにはハーレムと書かれていますが、ハーレムルート自体は全員クリア後の隠しシナリオでしかありません。
その他のシナリオでは全員とえっちすることすら出来ず、完全に個別ルート・・・
・・・と言うこともなく、何故かヒロイン2人をセットで攻略するような造りになっています。
これがどうにも中途半端。
ハーレムを期待していたのにヒロイン全員との絡みも少なく、個別にヒロインを追い掛けようとしても
狙うつもりのないヒロインまでセットでくっついてくるという・・・
何ともイマイチノリ切れない雰囲気が終始付きまとっていました。

お気に入りヒロインは特になし。

絵はトラビュランスの看板絵師、志水なおたか氏原画。
ある意味完成された絵柄ではあるのですが、もう少し関節とかデッサンとか丁寧に描いてくれてもなぁ、と言う気もします。

システムは未既読管理、シナリオ回想あり。
非アクティブだとスキップ止まる、というかスキップがそもそも遅い、
と言うか文字表示や画面効果に妙なウェイトが掛かっていてもっさり、とストレスの溜まる仕様でした。

えっちは2人セットで攻略しているだけあって3Pがそれなりに多めです。
内容自体は割と普通でしょうか・・・若干ヒロインの1人に精液フェチの変態趣味がありました。

まぁ、トラビュランスのファンならそれなりに楽しめる作品だと思います。
と言うか、別のブランドをわざわざ作る理由が見当たらないのですが・・・

>>とってもハーレム(Amazon)<<
[top]
MARRYBELL 爆裂乙女SEXYマリィ
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]