<<  ♪2005/03/11♪  >>


ガジェット
先輩がフィアンセ!?

BLACKRAINBOW ガジェット
4 4 4 4 3 3 3 75
ガジェット(GADGET)、とは英語で機械装置の意味らしいです。ナルホドナルホド?
このゲームのテーマは『黒い純愛』。と言っても恋の鞘当てとか、そう言う黒さではありませんので悪しからず。

実は体験版の出来が非常に素晴らしくて。
幼少編、学園編とその辺のコンシューマ顔負けに正統派で魅力ある日常生活を見せておいて、
最後の最後にポロリとBLACKRAINBOWらしさが顔を出して終わるという小憎らしい構成。
『普通に純愛モノとして期待できそうだ』という印象が一瞬にして『そう来たかー!』と言う思いに塗り潰される、
体験版としては本当に良く出来た内容だったのでした。
と言うわけで体験版を先にプレイしたことにより、純愛モノとしての期待は薄まっていたのですが、
それでも『何かやってくれそうだ』と言う期待は強く残っていた本作、製品版としての評価は・・・?

このゲームでは純愛パートとしての幼少編、学園編と鬼畜パートの景子編という3部構成になっています。
そのうち幼少編と学園編に関しては8〜9割は体験版でネタバレしてますので、
純粋な製品版での内容は景子編のみ、といった感じになってしまうでしょうか。
幼少編、学園編と言う長い期間でヒロインや周囲と育まれた絆が
景子編によって崩壊していく様を眺めるのが恐らくこのゲームの楽しみ方です。
従って、純愛パートと鬼畜パートの落差があればあるほどこのゲームとしては成功なのでしょうが・・・
残念ながら、後半の鬼畜パートが純愛パートに比べると明らかに魅力負けしています。
と言うのも、前半では己の意志で正しいと思えることを行い、人に優しく接することが出来ていた主人公が、
後半ではただの操り人形のように操縦者に従い、操縦されるままに周囲を陥れていくだけで、
主人公自身の意志が全く表に出て来ないからです。
幾ら鬼畜な行いをやっても、変態的なプレイに及んでもそれは主人公の選択した結果ではなく
ただの第三者の行いに過ぎず、そこにカタルシスは存在しません。
あれほど生き生きとキャラクターが動き、楽しげなクラブ活動などで盛り上がっていた、
単なる前振りであるはずの日常生活が他の純愛ゲームに勝るとも劣らない面白さを見せ
本来の目的であるはずの鬼畜パートが逆に前半の面白さを台無しにしてしまっているのは皮肉という他はないかも。
やはり純愛と鬼畜の融合という試みは難しい挑戦だったと言うことでしょうか。
それでも、だからといってこのゲームをつまらないと言う気はありません。
鬼畜パートの中でも光るシーン、興奮するシーンもありますし、純愛パートはかなりの高レベル。
挑戦魂とか、やる気とかは非常に伝わってきて好感が持てました。

お気に入りヒロインは風美香。純愛パートでの正統派ヒロインっぷりが凄い。
初めて会ってから、仲良くなり、想いが通じ合うまでが一番ドラマティック。

絵は少しクセのある絵柄。
と言っても、一般ウケしないとか、そういうマイナス方向のクセではないですのでご安心を。
この原画家さんの絵は過去の鬼畜作品でしか知らなかったのですが、
純愛風のシナリオ部分でも違和感なく受け入れられますね。
幼少期とか普通の学園生活の日常とかでも良い味を出してました。
あと、画面効果が凄いです。アレだけ色々と立ち絵が動いたり伸びたり縮んだり、
シャワーの水滴が肌に当たって跳ね返ったり、色々やってるにも関わらず全然重くない辺りが。
気が短いため大抵のゲームでは画面効果を切ってプレイしている私ですが、
今作ではONにしたままでも全くストレスを感じませんでした。

システムは未既読管理、シナリオ回想あり。
かなり使い勝手を意識して作られていて、メッセージの右側に表示するボタンをカスタマイズできたりとか、
結構便利な仕様になっていました。
その一方で、誤爆の多いプロテクトを採用していたり、
一部のパソコン環境では相性の問題でプレイ出来無かったりするらしいですので、
動作環境、推奨環境のチェックは念入りに行った方が良さそうです。

音声はそれなりに高レベル。
音楽は普通ですが、OP動画は黒い部分を全く予想させない正統派なムービーでそこそこ良い出来でした。

えっちは全部で70以上もあり、ボリューム的にはかなりの数。
純愛もそれなりにありますが、やはり大部分は鬼畜パートでの回収シーンです。
同年代だけではなく普通にその母親まで攻略対象になってますので、
不倫とか近親相姦とか、そんな雰囲気のも。
プレイの内容も姉の怪しげな発明品を駆使したモノが多く、まさに裏ドラ○もん。
エロいのはエロくて良いのですが、やはり自分の意志ではなく誰かに操縦されてのシーンというのが引っ掛かって、
鬼畜パートのえっちは完全に感情移入するのは難しいです。

まぁ、何だかんだで面白かったです。
純愛パートだけでも多少バリエーションには不満が残りますが元は取れるのではないかと。
それに様々なえっちシーンが補完されているという考え方も・・・出来るかな?
次回は純愛ONLYのゲームも作って欲しいですが、このブランドから考えるとあり得なさそうなので・・・
今作もかなり変化球のつもりでしょうし。
なので次に鬼畜ゲームを作るときは、誰かの傀儡となって凌辱するようなのではなく、
催眠学園のように変態な主人公がその変態ぶりを遺憾なく発揮するようなのが良いな、と期待しておきます。
[top]
ハートブリング 先輩がフィアンセ!?
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]