<<  ♪2005/02/18♪  >>


おしかけおさなづま3(3乗)
処女はお姉さまに恋してる(おとめはぼくにこいしてる) 通常版
オンリーワン2〜美人カジノディーラー瞳〜性のルーレット〜
彼女はアナル奴隷〜復讐の尻穴折檻〜
CLEAVAGE(クレイヴィジ) 初回版
スキスキおねえちゃん
SEVEN-BRIDGE〜セブンブリッジ〜
天使のすきゃんてぃ 通常版
南国ドミニオン
肉体金融道
双子新妻はるかとせつなの桃色新婚生活
みにょ×いも
遊狂玩具2 感謝価格版

ロール おしかけおさなづま3(3乗)
4 4 4 2 3 3 1 70
祖父が連れてきた許嫁としばらく同居することに。
でも、お隣の幼馴染みたちが『自分たちも同居する!』と言い始め・・・

あらすじで書いてしまうとこんなものです。特に目新しい設定ではありませんね。
でも、意外とキャラクターの性格や日常生活の描写がしっかりとしていて楽しめました。
絵も特徴的な絵柄ですが表情やポーズが生き生きと動き、それがテキストと妙にマッチしているというか。
音楽、シナリオ、音声、その他の要因もゲームの雰囲気と合っていて良い味を出しています。
プレイを開始した当初は凄く面白く感じて、80点くらいはあるかなと思いましたが
全てクリアしてから冷静に考えると、大体こんな点数でしょうか。
でも、決して低くはありません。
プレイ中はゲームの雰囲気に浸ることが出来たという考え方も出来ますね。

お気に入りヒロインは忍、あゆみ。
忍はある意味正統派なお嬢様ですね。あゆみは一番主人公と相性が良さそう。

絵は結構個性的な絵柄ですが、凄く生き生きとしていて良い感じです。
顔だけではなくて身体全体に表情がありそう。

システムは、かなり独特のシステムです。
未既読管理、シナリオ回想あり。
起動直後に現れる設定画面、『インターレース』や『FPSリミッタ』の文字にいきなり面食らいます。
何故ただのADVにそんな設定が・・・
色々設定を変えても、体感的にはあまり変化が感じられないというか。
ちょっと演出過剰な気があるので、むしろテキスト瞬間表示や、演出カットみたいなオプションが欲しかったです。

えっちはヒロインあたり2〜4回。
内容的には普通です。

意外と楽しめましたので、興味のある方はどうぞ。
[top]
キャラメルBOX 処女はお姉さまに恋してる(おとめはぼくにこいしてる) 通常版
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
GLOBE オンリーワン2〜美人カジノディーラー瞳〜性のルーレット〜
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
わるきゅ〜れ 彼女はアナル奴隷〜復讐の尻穴折檻〜
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
Empress CLEAVAGE(クレイヴィジ) 初回版
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
Studio Ebisu スキスキおねえちゃん
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
ライアーソフト SEVEN-BRIDGE〜セブンブリッジ〜
4 5 5 4 5 4 1 80
読心の能力を持つ成年が、言葉を持たない少女と不思議な列車で旅をするお話です。

列車の名前がイカしますね。『プレステ=ジョアン』。略して『PSJ』。
これでスタッフロールに『協賛:SCEI』とか出てきてたら非常に笑ったのですが、
実際は『プレステ=ジョアン』は欧州の伝説に出てくる架空の国の名前だそうです。
期待していたゲームなので、敢えて前知識を仕入れないため体験版はプレイしませんでした。
某銀河鉄道999みたく、途中の駅々にて不思議な世界に触れつつも終着駅を目指すお話だと予想していましたが、さて。
雰囲気的にはLiarの過去の作品の『CANNON BALL』『Forest』を足して2で割ったような感じですね。
操縦桿をエマと2人で握るCGとかは、まさに『CANNON BALL』っぽいですし、試練の『橋』は『Forest』でいうリドルか。
前作の『Forest』がイギリスの小説の知識があればより深く楽しめたように、
今作では世界の地理や歴史、宗教観等を把握している方がより深く楽しめた気がします。
と言うのも、これらは私が苦手なジャンルで・・・地名とか人名とか色々と出てきたのですが、イマイチ元ネタが・・・
折角列車に乗って世界を旅しているのに、頭の中に地図が浮かんでこないのは致命的だったと我ながら反省。
これからプレイする方にはネットで検索なり、世界地図片手にプレイするなりをお薦めします。
さて、タイトル通り7つの橋を越えて終点に辿り着くことがこのお話の目的です。
正直1回クリアしただけでは考察するのも難しく、私もあと何回かはプレイをしようと思っていますが、
1周目をクリアした感想としては。少し、語られていないことが多かったな、と。
ラスト辺りの怒濤のネタバレに理解が追いついていないこともあり、あと何度かクリアすると見えてくる処もあるのでしょうが、
後半になるにつれてテキストの量が少なくなって感じられました。
最初や2つめの橋なんて非常に描写に文章が割かれていて、あぁ、難所だなという雰囲気があったのですが、
終盤になるといつの間にか、は言い過ぎですが割と簡単に橋を越えてしまったりして。
ラスト辺りでも、もっと圧倒的な何かを感じたかった、というのは贅沢なのでしょうか。
まぁ、多分に『Forest』に感銘を受けすぎ、無意識に同じものをこの作品に求めてしまっていたのでそう感じたのかも知れません。
ボリューム的には長くもなく、短くもなく。1周のプレイ時間としては長い部類に入るのかも知れませんが、
シナリオが実は一本道なためコンプリートまでの時間はそんなに長くはありません。
出てくる選択肢は正解以外はほぼ全て数クリックでBadEDに直行するほどの即死っぷりですし。
『腐り姫』のように何度も違うエンディングを見ることで考察が深まっていくようなタイプでも無いですし、
一本道のシナリオを繰り返し読むことで何処まで読み取ることが出来るか、何処まで表現されていたかが私の今後の焦点です。

お気に入りヒロインはエマ。誰が何と言おうとエマ。
いつまでも主人公と仲睦まじく過ごして欲しいものです。

絵は腐り姫と同じ方が原画を担当。
独特の絵柄が味を出しています。雰囲気も良く出ていて良いですね。
ただ、その独特さ故に損している部分もあると思います。立ち絵とか。

システムは未既読管理、シナリオ回想あり。
次の選択肢までジャンプする機能もあり、割と快適。
ただ、テキストに表示されない声だけのシーンを聞き逃してしまった際に取り返しが付かないのは
前作の『Forest』から変わっていません。
クリックされても音声が中断しないようオプションで設定出来るようになったので、
うっかり聞き逃すことはある程度防止出来るようにはなりましたが。
特にバグらしいバグは発見出来ませんでした。

音声はかなりのレベル。たまに出てくる、地の文を朗読する女の子の声が非常に好みです。
この声の正体が誰なのかはある程度見当は付いてるのですが、こうした考察も今後の課題ですね。
残念なのは、フルボイスではないこと。
例えインストールサイズが2Gや3Gを超えても良いのでフルボイスにしてくれ、
と言うのがLiarファンの共通の認識だと思うのですが・・・何故かいつまでも改善されませんね。
折角『Forest』ではフルボイスになっていたのに!

音楽はかなり高いレベルで纏まっています。が、『Forest』程のインパクトは感じませんでした。
まぁ、この辺りは個人の好みの問題かと。
おまけモードで確認したところ、80曲以上登録されていました。凄く多い・・・
EDで流れるボーカル曲が何となくジブリっぽい雰囲気でかなり気に入りました。
そう思ってみると、今回のシナリオは結構宮崎アニメっぽかったかも。ラピュタとか豚の時代の。

えっちはほとんど無いです。というか、あるにはあるのですがあまり期待はしない方が良いかも。
というか、えっちにはあまり期待していないですよね?w
途中参戦のエロ担当キャラが一人でシーン数を稼いでいるような雰囲気でした。
でも、一番ショックだったのがジョエルが○だったこと。
えぇ〜〜聞いてないよぉ〜〜!(涙笑

何だかんだ言っていますが、十分に面白かったですし燃えましたし涙も出ましたし、良作だと思います。
あとは好みの問題ですね。歴史とか地理とかが得意だとより楽しめると思います。

>>SEVEN-BRIDGE(Amazon)<<
[top]
スウィートハーツ 天使のすきゃんてぃ 通常版
3 4 4 4 4 3 3 70
ゴルフクラブの経営危機打開のため、ランジェリー喫茶をみんなで開業するお話です。

何故ランジェリー喫茶なのか、とか正気なのか、とか突っこんじゃいけません。
そう言うゲームなのです。
同じCDブロス系列のトラビュランスで既にランジェリー喫茶のゲームは出ていた気もしますけど。
内容的には主人公以外全員女の子のハーレム状態でバイトをするお話です。
まさにエロゲーっぽいシナリオだと言えましょう。
女の子の羞恥を克服するため下着姿で主人公と一緒に強化合宿とか、そういう素敵な展開も勿論あります。
というか、そこでの着替えシーンが一番エロかったような気もするのですが(汗
シナリオの出来自体は無難で、可もなく不可もなく。
ブランドが違うのでこういう表現も微妙ですが、トラビュランスの平均的な作品レベルです。

お気に入りヒロインは、かすみ以外。
というか、かすみは頭が良いらしい設定なのですが、作中では単なるアホの子です。

絵は凄く上手いわけではないですが、不満が出るわけでもないレベル。
どちらかというと貧乳寄りなので、そう言うのが好みの方にはお薦め。

システムはいつものCDブロス系のシステム。
未既読管理、シナリオ回想あり。
ディスクレスプレーは不可能です。

えっちはヒロインあたり、3〜5回。
少なくはないのですが、抜きゲーとしての期待を満たせていたかというと少しボリューム不足かも。
各ヒロインルートの他に、ハーレムルートもありました。

期待を超えるような作品ではないですが、期待を裏切るほどの作品でもなく、まさに平均的な出来。
ただ、その分外れでもないわけで、トラビュランスのようなノリが好きな方なら楽しめると思います。
[top]
ソフトハウスキャラ 南国ドミニオン
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
インターハート 肉体金融道
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
ふぇちっしゅ 双子新妻はるかとせつなの桃色新婚生活
3 3 3 3 3 3 2 60
双子の姉妹と結婚してよろしくやるお話です。

冒頭、いきなりお嫁さんふたりとの結婚式。
何と法律が改正?されて重婚がOKになっていたらしいです。このゲームの中の世界では。
・・・と言うわけで、新妻とイチャイチャしまくるってのがこのゲームの目的です。
一緒にお風呂に入ったり、台所で、ベッドで、とにかく毎日えっち三昧。
好きあって結婚しただけに、とにかく仲が良いので見ていてまったり出来ます。
シナリオはほとんど無いですが、変に重いストーリーを載せるくらいならこのままで良い気がします。
アプローチ自体は間違っていないかと。
ただ、何か物足りない気がするのは、恐らくシチュエーションやキャラクター同士の絡みが少ない所為かと。
毎日よく似たイベントしか起こらないことと、片方の嫁に構っているともう片方の影が非常に薄れることが原因でしょうか。
折角重婚してるのに、ハーレムルート的な要素が少なすぎます。
恋人を二股かけるならともかく、結婚までしたからには均等に愛情を注いでやるべきですよね?

お気に入りヒロインはせつな。
双子なだけにあまり違いはないのですが、まぁ活発な方が何となく良さそう。

絵はイベントCGに関しては特に問題はないと思います。
ただ何かチープな感じがすると思って眺めていたら、立ち絵が非常につまらないことに気付きました。
ぼー・・・と棒立ちで立っているだけのポーズで、肘から先だけがピクピク動くだけなんですよね・・・何ともはや。

システムは未既読管理、シナリオ回想あり。
あまり不満が出ない程度には機能は揃っていますが、文字色が青色で非常に読み辛かったです。

えっちは、毎日えっちしているためそこそこの回数があります。
内容自体もそれほど悪くは無いため、実用性もそこそこ。
ラブラブえっちが好きな方なら、結構楽しめると思います。
ただ、ストーリーやキャラクタが薄いので没入度はあまりありません。

ゲーム自体の方向性や発想自体は良いと思います。
あとは、もう少しボリュームや作り込みなどがちゃんとしていれば、もう少し化けたと思いますけど。
そう言う意味では、結構勿体ない作品かも。
[top]
TAKE OUT みにょ×いも
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
NIGRED(ニグレド) 遊狂玩具2 感謝価格版
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]