<<  ♪2005/01/21♪  >>


鬼魂〜おにたま〜
Cafe-AQUA
接待倶楽部
蝶ノ夢
妻いぢり
D'ERLANGER(デランジェ)〜誘惑の淫魔病棟〜
2004 リリスベストセレクション
羽くんの憂鬱
FOLKLORE JAM 廉価版
PRIVATE ROOM 2

Berkana 鬼魂〜おにたま〜
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
RaSeN Cafe-AQUA
3 4 3 3 4 3 1 70
これまで鬼畜一辺倒!といった印象のあるRaSeNがついに純愛シナリオに挑戦!?というお話です。
・・・ちょっと違いますね。

基本的には喫茶店でのバイトと演劇部での部活動が主人公の主な活動場所になっています。
この辺りはどちらかに統一して掘り下げた方が良かったような気もしますが・・・それほど気にするものでもないかも。
いつヒロインが拉致監禁されたりとかするのだろうとハラハラしながらプレイしていた訳ですが、
全然そんなこともなく、最後まで普通の純愛モノでした。
むしろ純愛モノとしてそれなりに形になっているのが驚きというか、失礼な形で感心していたりも。
多少ヒロインによっては消化不良の残る感もありましたが、まぁ許容範囲でしょう。
ヒロインによってシナリオの出来にばらつきはありますが、後半はそれなりに盛り上がります。
多少気になったのが、漫画やゲームのパクりネタが多いと言うこと。
ギャグとして確信犯的な使い方がされるのならまだ良いのですが、普通に日常会話とかで連発されるのはちょっと。
あと、『制作の都合上シナリオがカットされました』って感じの女の子が居たのが不憫かも・・・

お気に入りヒロインは有紗。頑張り屋さんなのが微笑ましいです。

絵は美樹のヨダレじゅるり〜な立ち絵がかなりインパクトありますが、基本的にそこそこのレベル。
えっちシーンなどで顔に汁が付いたままになっているのは多少こだわりが感じられます。

システムは結構色々なブランドで見かけるシステムです。
未既読管理、シナリオ回想もあり基本的な機能は押さえています。
画面が揺れるエフェクト時に、CGじゃなくて本当にウィンドウが揺れること、
スペースキーでオートモードが暴発することが特徴でしょうか。
私の環境では特に問題はなく動いたのですが、環境によってはプロテクトが誤爆したりすることもあるそうで。
というか、いつメディアがDVDになったのでしょうね。最初はCDだったような・・・
まぁ個人的にはどちらでも読めるので問題ないのですけど。
当然の如くディスクレスプレーは不可能です。

えっちはヒロインあたり2〜3回、内容は多少濃いめ。
バイトしているヒロインはウェイトレス服でのシーンもあります。

それなりに楽しめたので興味のある方はどうぞ。
[top]
West Vision 接待倶楽部
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
TinkerBell 蝶ノ夢
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
Stellamint 妻いぢり
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
DISTORTION D'ERLANGER(デランジェ)〜誘惑の淫魔病棟〜
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
Lilith 2004 リリスベストセレクション
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
アクトレス(冥王星チーム) 羽くんの憂鬱
2 3 3 3 3 3 2 55
別居していた母や姉たちと一緒に暮らすことになるお話。

規制緩和と言うことで、近親モノを作ってみたかったのでしょうね、多分。
その割には特にその辺りを強調するような記述もなく、ただ『義』という文字が無かっただけと言う気もしましたけど。
基本的にテキストが下手です。日常描写が淡々としていて『〜した。〜した。』の繰り返しだったり、
お姉さん達が何故羽くんに好意を抱いているかの説明が何もなかったり、
それどころか子供時代の描写もなかったり、EDがあっさりしすぎていたり、
近親であるという設定が全然生かせていなかったりと、良いところが全然ありませんでした。

お気に入りヒロインは特になし。

絵は、割と可愛くてそこそこのレベルです。

システムはアクトレス独自のシステムらしいです。
未既読管理、シナリオ回想あり。
セーブデータからロードしたときにあらすじを読むことも、邪魔かどうか賛否両論でしょうけど可能です。
あとは音声再生のn倍速設定、次/前の選択肢へのジャンプ機能など、細かな設定や機能も付いていて好感が持てます。
印刷まで可能なのは・・・どうしろとw
ただ、多少反応が遅いというか、ボタンをクリックしても反応してくれないときがあって、
そこが非常にマイナスでした。

えっちはヒロインあたり数回。近親のカタルシスはあまり強調されてませんが、そこそこえっちぃです。
ただ、主人公の独白が多少自分勝手というか独りよがりで鼻につくのはあったかも。

そう面白いものではありませんでしたので、あまりお薦めは出来無いかと。
[top]
HERMIT FOLKLORE JAM 廉価版
3 4 5 3 3 4 1 70
ショコラ、パルフェ、ママラブと同じシナリオライターと言うことで気になっていました。
たまたま廉価版を発見しましたので無事に保護。
オカルト研究会の活動を頑張るお話です。

独断専行、傲慢な部長に率いられて各地のオカルトスポットを探索するうちに色々な事件が起り、
そして最後に一つの大きな謎に収束していくという、まぁ割とオカルトモノの王道的な構成になっています。
ただ、部長のスタンスが『オカルトなど存在しない』なので、
ミステリやハラハラやドキドキを楽しむというタイプのゲームではありませんでした。
また、ゲームデザインの問題でもありますが、部活の情報収集パートが非常に面倒くさく、
しかも情報を得ても使い道がなかったりと、ストーリーはともかくコンセプトは失敗していると感じました。
キャラクターは結構個性的ですし日常の描写も悪くないのですが、肝心の部活動がイマイチだったのが残念。
そんなこんなで、『凄く面白い』とは感じませんでした。まぁ悪くはなかったのですけど。

お気に入りヒロインはひなた、碧衣。
ひなたは声が良いですね。素っ気なくしつつも甘えてくれるところも可愛いです。
碧衣は好意がもろバレなのが可愛らしいですね。実際に付き合うには大変そうな性格ですが。

絵は知っている人は知っている、厘京太朗氏原画。
昔の顔が鋭角的だった頃の絵柄が一番好きなのですが、まぁ今の絵でもレベルは凄く高いです。
私服のデザインが微妙なのはご愛敬。

システムは未既読管理、シナリオ回想あり。
基本的には普通のシステムなのですが、情報収集パートの地図アイコンが小さくてクリックしづらいのが難点。
また、勝手にカーソルを制御して移動させるのは余計なお世話に感じました。

OPの動画が割と良い出来です。歌も結構良い味出していますし。
と思ったら、歌っているのは佐藤裕美さんなのですね。ナルホドナルホド。
音楽回想の機能が無いので好きなときに聴くと言うことが出来無いのは残念です。

えっちはまぁ、おまけ程度。
ヒロインあたり2〜3回くらいはあった気もしますが、全然印象に残っていません。

悪くはなかったのですが、過剰な期待は禁物、という感じですね。
今なら廉価版も売っていることですし興味があればプレイするのも悪くないかも知れません。
[top]
JELLYBEAN PRIVATE ROOM 2
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]