<<  ♪2004/10/22♪  >>


幼馴染な巫女さんと 〜祭事に恋に…触手!?まで〜
狂淫母娘〜恥辱のコスプレ調教〜
SixtyNine2 初回限定版
操心術〜P.S.@4〜
対戦ホットギミック フォーエバー 初回限定版
Naive
VANQUISH(ヴァンキッシュ)
陵辱姉妹病棟

ユメスタ 幼馴染な巫女さんと 〜祭事に恋に…触手!?まで〜
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
Rasinban 狂淫母娘〜恥辱のコスプレ調教〜
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
May-Be SOFT SixtyNine2 初回限定版
1 1 3 4 4 3 2 50
えっちシーンのダイジェスト集です。

仮想空間にて人工知能っぽい女の子に案内されてえっちシーンを体感すると言ったもの。
全体を通したシナリオの流れなんてものは皆無に等しく、
また個々のシーンは物語からえっちシーンだけを抽出したものなので、本当にえっちシーンしかありません。
ただシーンの数だけは70前後もあり、ある意味抜きゲーとしては究極形かも知れないです。
・・・好みさえ合えば。
それぞれのえっちシーンにはコスプレ、とか搾乳、とか、何やら怪しげなテーマがあり、
満遍なく網羅しているというと聞こえは良いですが、統一感が無くてストライクゾーンが狭い方には辛いかも。
私の場合はどちらかというと巨乳が苦手なので、好みのシーンは数個程度しかありませんでした。
いやぁ・・・金粉プレイとか見せられてもねぇ。
量よりは質、えっちシーンが大量にあるよりは好みのプレイが多少でも多めにあるゲームの方が良いのだと、改めて認識しました。
まぁ、そう言うゲームを探すのは割と難しいのですけどね。
せめて変なプレイに走らず、ノーマルなのを一杯集めてくれていたら。

お気に入りヒロインはなし。

絵は、『へんし〜ん!』の時と同じ原画家さんですね。
ちょっとアニメ的な絵柄で、全体的に巨乳寄りです。
ソフ倫のに比べてモザイクが薄め・・・と言うほどにはモザイクに差はないですが、アヌスはモザイク無しです。
これはソフ倫じゃ無理ですよねぇ。まぁ、ソフ倫も規制緩和の噂がありますけど。
ただ、この絵柄にアヌスが描き込まれていても雰囲気に全然合ってないです。
無修正なら良いってものでも無いのでしょうね。
もっとリアルな絵柄とか、ダークな雰囲気のゲームになら似合うのでしょうけど。
例えば同じメーカの『WW&F』などなら、かなり興奮出来たかも。
あとエミーナの服が数種類選択出来ますが、肩から上しか見えないのでハッキリ言って意味ないです。

システムは未既読管理、シナリオ回想あり。
一度見たミニシナリオは、クライマックス(=えっちシーン)から開始することも出来、抜きゲーとしては割と便利な作りかも。
フルインストールだとディスクレスプレーが可能な点や、
BGMの音質でインストール容量を変化させたり、マシンスペックに合わせて動作をチューニング出来たりと、
他のメーカにも見習って欲しい点もありました。

えっちに関しては先に色々と書いたのでここでは割愛します。
シナリオ=えっち、みたいなものでしたからね・・・

好みが厳しい方や、巨乳、マニアックなプレイが苦手な方には向かないかも。
でもストライクゾーンが広い方にとっては良い抜きゲーになる可能性はあると思います。
ただ、シナリオには期待しないで。

>>Sixty Nine 2 初回限定版(Amazon)<<
>>Sixty Nine 2 DVD 通常版(Amazon)<<
>>Sixty Nine 2 CD 通常版(Amazon)<<
[top]
Studio Insane 操心術〜P.S.@4〜
5 4 4 3 4 3 4 80
ウランというブランドで出ていた『P.S.@』シリーズの4作目に位置する作品です。
と言っても催眠術を扱っているのは(多分)今作だけですし、シナリオや世界観的にも(多分)関わりはありませんので、
独立した一個の作品と考えて間違いは無さそうです。前作の知識とかも全く必要ありません。

シナリオ自体は催眠術をパワーアップさせたような超能力が手に入る薬を手にした主人公が、
ターゲットとなった一家の女性達を次々と手に入れていくと言うものです。
このゲームの面白いところは、薬の使用方法として1日1回、1人だけにしか催眠術を施せないという制約があること、
精神の支配にはレベルがあり、3段階あるレベルを最高にしないと完全に相手を手に入れたことにならないこと、
そして同じ薬品を手に入れ、かつ同じ家族をターゲットとしているライバルの存在です。
誰から催眠術を掛けていくか、催眠術を掛けた相手に何をさせるか。
凌辱するのも良し、次のターゲットを堕とすための手伝いをさせるのも良し、ライバルを妨害させるのも良し。
一度催眠術を掛けたターゲットが、ライバルに術を上書きされて自分の前に立ちはだかるかも知れない。
どれだけライバルに先を越されないように気を付けながらも自分の支配レベルを上げていくか。
実際は2択や3択しかなく難易度やゲーム性なんて無いに等しいにもかかわらず、
何故か陣取り合戦をやっているようなハラハラドキドキ感が味わえてしまいます。
ちなみにライバルは女性ですので、寝取られ耐性がない方でも大丈夫。
何故か☆カーチェイスで発狂した女に追いかけられる☆というシーンなんかもあって、
まぁシーン自体は短いのですが・・・ハッキリ言ってターミネーターとかよりよっぽど怖いのですが(^^;
取り敢えず何というか、予想以上に面白かったです。

お気に入りヒロインは無し。でも全体的にキャラクターに個性があってシナリオを盛り上げていました。
変なキャラクターの春生も、萌えはしませんがそのキャラクターのおかげで単なる『凌辱されるヒロイン』という
ステレオタイプを超えた存在感がありましたし、
うっかり踏んでしまう地雷を内蔵したジョーカーのような存在の美也子、
凄く見せ場の格好良い美桜乃、
目的のためには手段を選ばず、そのうち手段だけが暴走してしまう主人公以上にタチの悪い麗と、
一癖も二癖もあるキャラクター達がシナリオを盛り上げていました。

絵に関してもそれなりに上手く、デッサンもしっかりしているため心配は無用です。

システムはフリーの吉里吉里エンジンを使用。
未既読管理やシナリオ回想も付いていますし、ディスクレスプレーも可能。
画面効果のON/OFFが出来無いのと、体感的にインタフェースが重い気がするのが弱点でしょうか。
あと、修正パッチが出ていましたのでプレイ前には入れた方が良さそうです。

えっちは、催眠術を駆使した内容としては人格を幼児や女王様とか色々と変えてみたり、
えっちを教える家庭教師になってみたりとか、主に人格やシチュエーションを操作するものが多かったです。
周囲に輪姦させるなどの独占欲が強いと辛いシーンも2、3ありましたが、まぁ脳内で無視出来るレベル。
シーン数は結構あって、しかもノーマル耐性の人でもついて行けるのが多かったので、
個人的にはエロくて大満足でした。

何というか・・・予想外に面白かったです。凌辱ゲームとかに忌避感を覚えない方にはお薦め。
[top]
ハーベスト 対戦ホットギミック フォーエバー 初回限定版
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
Art Naive
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
FORST VANQUISH(ヴァンキッシュ)
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
That's 陵辱姉妹病棟
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]