<<  ♪2004/06/04♪  >>


紅い夜、星の囁きを聴け PL†US
弄ing(もてあそばれたい) 通常版
こすぷれ☆ティーパーティー
小雪の朱−コユキノアカ−
ダイス・き!〜恋は運任せ〜
D.C.P.C. 〜ダ・カーポ〜プラスコミュニケーション DVD-ROMマウスパッド付 通常版
D.C.P.C. 〜ダ・カーポ〜プラスコミュニケーション CD-ROMマウスパッド付 通常版
双子ノ母性本能 CD-ROM版
まじぷり−Wonder Cradle−
未来ドーター ムスえもん 通常版
ろーでび〜小悪魔的偏愛論〜
お願いお星さま 通常版

MoonParrot 紅い夜、星の囁きを聴け PL†US
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
闇雲通信 弄ing(もてあそばれたい) 通常版
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
ソフトハウスDew こすぷれ☆ティーパーティー
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
DISCOVERY 小雪の朱−コユキノアカ−
3 4 3 3 3 3 1 60
雪国、七不思議、密室。

舞台は北海道、豪雪のために休校になった校舎に閉じこめられる主人公達。
数日間を数人で過ごすことになり・・・というお話。
七不思議探検に積極的な娘が居て、何となくそれに協力するような形ですが、
そのうち不思議な伝承や現象に遭遇して、というまぁ普通の七不思議モノです。
特にコメントすることもないくらいに、可もなく不可も無いシナリオ。
面白くない訳じゃないけれど、ハッとする展開になるわけでもない。
所謂普通のゲームです。

お気に入りヒロインは先輩。淡泊そうな感じが良いですね。

絵はいかにもこのメーカの作品という感じ。
滅多にゲームを出さないというような印象のあるメーカですが、
久々に出ても雰囲気は変わっていませんね。
正直上手いとは思いませんが、下手と言う訳でもない微妙なところ。

システムは未既読管理、シナリオ回想あり。
CAPSロック既読スキップはそれなりに便利ですが、選択肢で止まった場合は
文章履歴が利用できないためちょっとだけ困りました。

えっちはそんなに多い訳でもなく、大体ヒロインあたり1〜2回。
内容は普通です。

可もなく不可もない普通の作品です。気が向いたらどうぞ。
[top]
STUDiO B-ROOM ダイス・き!〜恋は運任せ〜
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
CIRCUS D.C.P.C. 〜ダ・カーポ〜プラスコミュニケーション DVD-ROMマウスパッド付 通常版
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
CIRCUS D.C.P.C. 〜ダ・カーポ〜プラスコミュニケーション CD-ROMマウスパッド付 通常版
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
G.J? 双子ノ母性本能 CD-ROM版
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
パープルソフトウェア まじぷり−Wonder Cradle−
2 2 3 4 3 3 1 55
『まじぷり』と書いて『本気のぷり』と読む。・・・『ぷり』って何?
・・・嘘です。ゲームをプレイしたら判ります。多分。ああいう意味なんだろうなぁ。
不良プレス問題とか色々とあったようですが、取り敢えず無事発売できたようです。

あからさまに『萌え』を意識した文章です。
本当に萌えるかどうかは置いておいて、取り敢えず「さぁ萌えろッ!」という意気込みは伝わってきます。
あまりにもあからさまなので、私みたいに天の邪鬼な人間は逆に引いてしまいますが。
結果、萌えることが出来た人間には面白く感じることが出来るゲームなのかも知れませんが、
取り敢えず萌えとか無しに客観的に眺めると大したことは無いお話です。
主人公達ですら日常生活では『萌え』とかしか言ってませんし、
終盤にはいきなりトンデモ設定が出てきて、置いてきぼりを食らっている間にスタッフロールが流れるって寸法。
『まじぷり』というのは多分そのトンデモ設定から来たのでしょうが、
結局全員まともな人間ではなかったってコトで。

お気に入りヒロインはアルク。まぁ彼女が一番冗談で済みそうです。
結局、このゲームは主人公を含めまともなキャラクターは居ませんね。
自動販売機が壊れた現場に居合わせていたと言う理由だけで、
ナチュラルにクラスメートの女の子を疑うことの出来る主人公は思いやりに溢れていると思います。

絵は、微妙に目と目の間が離れているのが気になりますが、まぁ上手い方でしょう。
どちらかと言えばイベント絵より立ち絵の方がまともに見えるかも。
妹パンツ(この表現もどうかと思う)の立ち絵は、いかにもスカートをフリフリしてそうな雰囲気がして、
それはまぁ上手いと思いました。
どうせならアニメーションでフリフリしてくれたらもっと見栄えもしたかも・・・って、まぁ良いか。

システムは未既読管理、シナリオ回想あり。
個別ルートにはいると選択肢がほとんど出て来ないので、ある程度まで進めたら攻略は気にせずに文章を読めます。

えっちは、それほど数はありません。ヒロインあたり2〜3回程度でしょうか。
キャラクターに思い入れがないので全然印象に残っていません。

結局、萌えることが出来るかどうかで評価が分かれるゲームだと思います。
萌えって凄いですね。
[top]
ZyX 未来ドーター ムスえもん 通常版
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
BLACK LIGHT ろーでび〜小悪魔的偏愛論〜
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
PULLTOP お願いお星さま 通常版
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]