<<  ♪2002/09/27♪  >>


Nor
CRAVE×10(クレイブテン)
地獄荘へようこそ
絶倫アクロバットおやじ 飛びます・いれます・いかせます
そら色メモリーズ
たまゆら−霊響−
DALK外伝
DES BLOOD4〜LOST ALONE〜 CD-ROM版
従姫(ともひめ) 初回版
破談屋
はちみつ荘deほっぺにチュウ 初回版
”Hello,world.” 初回限定版
羊たちの憂鬱〜コンクリートに映る影〜 初回版
PrincessHoliday〜転がるりんご亭千夜一夜〜 初回版
螢子 限定版
勝 あしたの雪之丞2
魔女のお茶会
魔法少女アイ2 初回版
みずかべ

AliceNoir(アリスノワール) Nor
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
ちぇりーそふと CRAVE×10(クレイブテン)
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
Pochette 地獄荘へようこそ
2 2 3 2 2 3 4 50
自分のマンションの住人をアレしてナニして最終的には売っちゃおうというお話です。

基本的には鬼畜一辺倒なお話ですが、選択肢によっては何故か純愛EDもあります。
開始直後に歯を全部抜くという恐るべき処置を施された女の子が出てきたりしますが、
主人公の調教はそこまで鬼畜な事はしませんのでご安心を。
特に変わったシナリオもなく、普通の鬼畜ゲームです。敢えて言えばボリューム不足か。

どのヒロインでも結局は似たような展開になるので、お薦めヒロインは特にありません。
まぁ、鬼畜ゲームでは仕方ないでしょう。

絵は多少個性的です。下手という訳では無いのですが、ある程度人を選ぶかも知れません。

システムは独特のエンジンを使っています。
カーソルを上部に移動させないとSaveなどのメニューが使えないのは不便。
あと、Saveに少し時間が掛かります。

音声ですが少し棒読です。声優の演技が下手なのは過去の作品から変わっていません。

えっちシーンは、少しぬるめの鬼畜ゲームと言った感じ。
恐ろしいSMを繰り広げる訳でもなく、剃毛やアナルレベルのプレイです。

基本的には普通より少しレベルの低めな鬼畜ゲームと言った感じでした。
これまでの作品のようにロリっ娘が一杯出てくると言った付加価値もないため、
あまりお薦め出来ないかも。
[top]
STUDIO KINKY 絶倫アクロバットおやじ 飛びます・いれます・いかせます
1 1 1 1 1 2 2 30
タイトル通りのゲームですね。オヤジが飛びます。いれます。いかせます。
・・・飛びます?

シナリオはまぁ、無いに等しいでしょう。おやじ自ら朗読してくれます。
うわぁ、嬉しいなぁ・・・

絵というか、ポリゴンは某有名3Dエロゲメーカに比べると未熟ですが、
こんなモノでしょう。予想よりはしっかりしていました。

システムは悪名高いマクロメディアのプログラムです。
インストールしなくてもプレイできる代わりに、
動作が重くしかも必要最低限の機能すら付いていません。

声優の演技は下手くそです。まぁ、演技力が必要なゲームでは無いか。

えっちシーンはエロと言うよりはネタです。
本来の用途には向かないでしょうが、オヤジの荒唐無稽ぶりは面白いかも。
1回見たらもう十分ですが。
どうせなら技の名前を叫ぶのは神谷明にやって欲しかった・・・

ネタを求める方ならプレイするのも良いでしょう。
でも、お金が勿体ないという方はHPで落とせるデモで我慢するのもアリです。
[top]
GA-BANG そら色メモリーズ
4 4 3 2 3 3 2 70
故郷の島で出逢った記憶喪失の少女の、記憶を取り戻すお手伝いをするお話。
悲しい記憶は忘れるべきか否か、がこの作品のテーマ。

ストーリーは割と悪くないです。全体的にほのぼのしていて良い感じ。
何だか主人公の父親が某週間少年ジャンプの『クール』みたいだと思いました(^^;

お薦めヒロインはそらと紗苗。

絵はかなり独特でした。雰囲気は悪くなく、割と良い感じの絵なのですが、
もう少し上達の余地があるように見受けられます。

システムは未既読管理あり、選択肢の出ていない状態ではシナリオ回想あり。
ただ、全体的に動作が重いのが非常にマイナス。起動直後の数分間は何も出来ない程。

声はメイドさんの淡々とした声があまり上手くないような気がしましたが、
メインヒロインは全く問題ありません。

えっちは各ヒロインに2回ずつ。内容は普通です。

平均的より少し上程度のレベルの作品ですが読後感は悪くないので、
興味のある方はプレイしても良いかも。
[top]
Studio-Air たまゆら−霊響−
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
ALICESOFT DALK外伝
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
イリュージョン DES BLOOD4〜LOST ALONE〜 CD-ROM版
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
X[iks](イクス) 従姫(ともひめ) 初回版
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
ミンク 破談屋
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
ぱれっと はちみつ荘deほっぺにチュウ 初回版
5 5 5 3 5 3 4 85
夢を忘れた主人公が、一人暮らしをきっかけに再び夢を追い求めることに。
って感じでしょうか。

このゲームの一番の特色は、キャラクターが個性的で生き生きと描かれていること。
そのおかげで、シナリオの説得力や吸引力が増しています。
中途半端なキャラゲーが多い中で、ここまで独自の色を出すことが出来ているのは
十分に評価に値するかと。

お薦めキャラクターは姉妹と、巫女さん。
特に巫女さんは某あずまんがの大阪をパワーアップさせたようなキャラで、
会話が非常に楽しいです。

絵は以前RateBlackのSacrifice〜制服狩り〜の原画を手掛けたたまひよ氏の絵です。
表情の描写が非常に生き生きとしていて良い感じ。
あと、立ち絵のバリエーションが多いのもこのゲームの特長です。
遠近の区別や背中の立ち絵もあり、シーン描写に役立っています。

ゲームには微妙にSLGが入っています。この辺りの遣り繰りが苦手な方も、
条件を満たせば出現するイージーモードがあるので大丈夫。
システムは未既読管理やシナリオ回想など、大抵の機能は揃っています。
アニメーションや画面効果がOFFに出来ないのが少し残念かも。

音声も、どのキャラクターも非常に上手く演じられていています。
叫び声や、間延びした声など、キャラクターの特徴を良く捉えているかと。

えっちは1キャラ7回以上。純愛ゲームとしては破格の多さです。
内容は多少コスプレに偏っていますが。

同時攻略を謳う割にはハーレムルートがないのが残念でしたが、
それでも十分楽しめた作品でした。9/27発売のゲームの中ではお薦めかと。
[top]
ニトロプラス ”Hello,world.” 初回限定版
4 3 3 4 5 4 2 75
人間の『感情』を理解するために人間社会に紛れ込んだロボットのお話です。
恐ろしく長いと評判です。初回プレイは20時間くらい覚悟した方が良いかも。

最初は機械的な思考しか出来なかった主人公ですが、
周囲と触れ合ううちに人間らしさを身につけていきます。
主人公の思考を追う形で書かれているため、最初の数日は非常に読むのが辛いですが、
そのうち読みやすくなります。『クラスタ』連発は最後まで続きますけど。
長大なシナリオのなかで伏線が上手に利用されていますが、
もう少し無駄を省くというか、分量を減らす努力も欲しかったです。

初めは『人間らしさ』『感情』といったものがテーマになっていますが、
物語は中盤以降急転回をみせ、いつの間にか『人類は滅ぶべきか?』にすり替わっています。
この壮大なスケールのシナリオとそれを描写しきる文章レベルは特筆すべきかと。

・・・と褒めておいて、以下は私の見解。ネタバレを含みますので反転しますね。
コンピュータウィルス関連のシナリオは、HIKARIが消滅した時点で完結させるべきでした。
何故なら主人公が本当に闘うべきは、巨悪などではなく人と機械という決定的な違いだからです。
真の自由を手にした主人公が今後己の意志でどう生きていくか、
相手を求めながらも人と機械とという違いに苦しみ、そこで何をどう選択するか、
それを描かないのは非常に勿体ない事です。
主人公の脳に寿命のようなものがあることや、肢体の修理が出来ないことが作中で述べられていますが
これらの設定も有効に使用されていません。
うやむやのうちに次の敵が現れ、いつの間にか機械であることがばれ、最後に主人公は活動を停止します。
この辺りいくつもの重要なテーマを投げているとしか思えません。
結局壮大な戦闘スペクタクルに持ってきてしまう辺りがNitro+の方向性であり、限界なのでしょうね。
作風を変え、絵柄を変え、舞台を変えてもNitro+はNitro+なのだと、少し残念でした。

まぁ、それでも並のゲームよりは確かに面白かったのですが。

お薦めヒロインは純子さん(攻略不能ですが)。
彼女のEDが無いのは残念です。きっと主人公とは良いパートナーになれるだろうに。
物語が壮大すぎる所為か、ゲームに於けるヒロインの比重が小さいです。
キャラゲーでは無いって事でしょうね。

絵は独特の絵柄です。予想外に深刻なストーリーとは不釣り合いな気もしますが、
あれだけ長時間プレイすれば嫌でも慣れるというか。・・・むしろそれが狙い?

システムは未既読判定、テキスト回想あり。画面効果やその他の設定もあります。
ただロード画面やテキスト回想を開いた直後は最新のデータしか画面に出なかったり、
テキスト回想やおまけメニューから戻るときに専用ボタンの押下が必要だったり、
レスポンスが悪かったりと、プレイしていて不満な点もあります。

音声については文句なし。

音楽は私の環境では音量調節の設定が反映されず、
常に最大音量で音声をかき消してくれたため切ってプレイしました。
少しだけ音楽も聴きましたが、それなりに良かったのではないでしょうか。

えっちシーンはヒロインごとに数回用意されています。
・・・が、全体的なボリュームからすると足りないでしょうね。
主人公のえっちは普通ですが、たまに敵やサブキャラのシーンもあるので要注意。

色々と言いたいことはありますが、まぁ良作と言って良いでしょう。
プレイにかなりの時間が要求されるので時間に余裕の無い方にはキツいでしょうが、
逆に言うと\8,800もするのだからこれくらいのボリュームはあって然るべきなのかも。
数時間でコンプリート出来るのに同じ値段というゲームも少なくないですから・・・
[top]
フェアリーテール 羊たちの憂鬱〜コンクリートに映る影〜 初回版
?? ?? ?? ?? - ?? ?? ??
[top]
オーガスト PrincessHoliday〜転がるりんご亭千夜一夜〜 初回版
3 4 4 2 4 3 3 65
吟遊詩人とお忍びの王女様の恋・・・
タイトルもそうですが、『ローマの休日』がモチーフになってるのでしょうね。

ストーリーはひねりが少なく、しかも多少ご都合主義的な展開のような気がしました。
難しい展開もなくあっさりと終わるので、あまり印象には残らないかも。
シナリオよりはキャラクター重視のゲームのようです。
選択肢の正解不正解が判りづらいので、攻略を見ながらプレイするのも良いかも知れません。
ちなみに、TRUEシナリオは蛇足だと思いました。
↑ネタバレにつき反転

お薦めヒロインは、全員とも言えるし、特に無しとも言えるかも。
全体的に魅力はあるものの、決定打に欠けているような・・・

絵は上手くもなく、下手でもなく。一般受けする絵柄だとは思うので問題はないでしょう。
ただ、減色が上手くいっていないのか、CGに色むらが目立っていたのが残念でした。

システムは、未既読管理あり、シナリオ回想あり。
画面効果や文字効果の軽重を選択出来ますが、全体的に重めです。
カーソルを対象の上に移動させてから内容が表示されるまでタイムラグがあったり、
スキップ中にもかかわらず画面の切り替えにもたついたり、
選択肢や日付の変わり目でスキップが途切れたりと、割とストレスが溜まります。

音声、音楽は共に平均レベル。
お姫様は歌がとてつもなく上手いという設定なのですが、
挿入歌が普通の出来なのはご愛敬(^^;

えっちは後半になってから数回。純愛ゲームにしては数が多いような印象を受けました。
プレイの内容自体はいたって普通です。

全てにおいて平均的なゲームでした。当たりではないですがハズレでもないので、
興味のある方はやってみても良いかも知れません。
[top]
タイガーマンプロジェクト 螢子 限定版
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
エルフ 勝 あしたの雪之丞2
3 3 4 4 5 4 1 70
文字通り『あしたの雪之丞』の続編です。
時系列的には前作の1年後、前作ではずっと眠ったままだった久保 勝が主人公です。

シナリオはかなり長いです。しかもEDの数も半端ではありません。
文章が悪くないので読めることは読めるのですが、疲れます(^^;
内容は平均レベル。悪くはないのですが、手放しで面白いと思えるほどでは。
主人公が俺様な性格をしていたのが、個人的には馴染めませんでした。

お薦めキャラクターはせりなと晶子。どちらも前作のヒロインです。
ヒロイン的には前作の方が魅力があったかも。
・・・ちなみに男のサブキャラは今作の方が良い味出してます。

絵は上手いです。妙に綺麗なので、エロさはあまり感じませんが。

システムは未既読管理、シナリオ回想(音声付き)、
キャラの個別音声ON/OFF選択など、まさに至れり尽くせり。
フルインストールでも起動時にCDが必要なこと以外は不満は殆どありません。
ただ、移動選択で複数の場所に同じキャラが居るのはちょっと・・・
攻略が難しくなるという以前に、そんなことは現実には不可能だと思うのですが。

音声、音楽共に不満はありません。レベルは高いと思います。

えっちは各キャラ1〜2回。シナリオのボリュームに比べると圧倒的に足りないです。
特定のEDルートでしか発生しないので、運が悪い人は半日掛けても見れないことも。
内容自体は普通です。エロさは足りない風味かも。
あそこアップモードなんて怪しげな機能もありますが、あまり嬉しくない・・・

勝がメインの話よりも、雪之丞が絡んでくるシナリオの方が面白いので、
『雪之丞2』というタイトルは伊達じゃないな、とか思ったり。
前作をプレイしていて、雪之丞達のその後が知りたいな、と思える人向けのお話なのかも。
[top]
FrontWing 魔女のお茶会
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
Colors 魔法少女アイ2 初回版
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
F&C・FC01 みずかべ
4 5 5 4 - 5 4 75
先に発売された『水月』のファンディスクです。
本当はイベントの限定発売だったようですが、あまりに要望が多かったので一般発売に。

シナリオは『水月』の世界観の大半を継承しつつ、
決定的なところで微妙に変わっているアナザーストーリーです。
本編とは性格の違う那波と、多分人気が高かったであろう双子がメインのお話でした。
意外と長編で、数時間は優に消費出来るほどのボリュームがあります。

そして、実はファンディスクのクセにえっちシーンがあります。
しかも那波の○○バージョンや、双子丼など、その手の人には堪らない内容(笑
本編では存在しなかった双子丼の挿入シーンなどもあって良い感じです。

あくまでファンディスクですが、水月が好きな方にはお薦め。
逆に、『水月ってなに?』という方はそっちを先にプレイしてしまいましょう。
[top]