<<  ♪2002/09/06♪  >>


ティアフルアイズ〜あなたしかいない〜
教えてあげちゃう 限定版
じゅえる・まとりくす 初回版
SOLD OUT FRONTIER〜隷婦達の貴賓社交列車〜
ぬかるみ〜女たちの調教日誌〜
ぱちFile
パラダイム・シフト〜目覚めの時〜
プチ死神プレコ
ほしまつりのうた 初回版
ミスティック・リポート〜恋の部活はチコクしない〜

仮面商会 ティアフルアイズ〜あなたしかいない〜
?? ?? 2 ?? ?? ?? ?? ??
あまりにも絵が私の好みとは外れていたため、終了・・・
古っぽい絵柄に加えて、デッサンも狂っていたので、どうにも意欲が湧きませんでした。

何処からか名作だというような評価が耳に届いたら、
もしかしたら気が向けば再開するかも知れませんが取り敢えずは封印です。
[top]
トラヴュランス 教えてあげちゃう 限定版
3 4 4 4 4 3 3 70
登場ヒロインの殆どが年上で、かつ教師(教生)という、恐るべきゲーム。
前作の画期的なシステム、シアターモードは、今回は搭載されていないようです。

内容は・・・まぁ、想像通りです(^^;
ヒロインの年齢とか細かいことを気にさえしなければ、いつもと同じとらぶ〜テイスト。
年上が苦手な人も、1人だけロリロリなキャラが用意されているので安心ですか?
名作ではないけどハズレでもない、平均的な出来です。

お薦めヒロインは蘭。気が強いけど甘えん坊なお姉さんです。

システムは、いつものとらぶ〜と一緒。安心してプレイ出来ます。
ただ、BGMがCD-DA限定なのが少しマイナス。

えっちは、純愛ゲームにしては多め。
『お姉ちゃん』とか『おかあさん』とか言いながらのえっちは、特殊な趣味の人向けかも。
例によってハーレムルートもありますが、今回は他のとらぶ〜作品に比べると
パワー不足のような印象を受けました。

とらぶ〜の作品は良い意味でも悪い意味でも安定しているので、
過去のとらぶ〜作品が好きな方は今作も大丈夫でしょう。
[top]
JANIS(ジャニス) じゅえる・まとりくす 初回版
3 3 2 3 2 3 3 60
元はRPGとして制作されていたが、諸般の都合でADVになったというゲームです。
ファンタジーの王道のような世界観で、やっぱり王道のようなストーリーが展開します。

シナリオは普通のADVよりもテンポが速く、サクサクと物語が進みます。
かと思えば進行ルートの選択など、ADVには意味のない選択肢が残っていたり、
良くも悪くもRPGパートの無いRPGといった感じです。
ストーリーは悪くはないですが目新しい展開もなく、またヒロインが違っても大筋は同じなので、
既読スキップなどを使えばかなり簡単にクリア出来るでしょう。
欲を言えば、☆主人公が魔王になるEDや、妹と魔界に行くED☆などが欲しかったです。
↑ネタバレにつき反転

お薦めヒロインは敢えて言うならセリカ。一番背景がしっかりしています。

絵は独特の絵柄でした。顔、体型全てにクセがあるので、馴染めない人もいそうです。
しばらくプレイしていると慣れてきますが、やはり絵に萌えることは出来ませんでした。
あと、アーシアの顔はどう見ても可愛く見えない・・・

システムは未既読管理、バックログなど必要なモノは大抵揃っていて不便は感じません。
ただ、画像効果やアニメーションが頻繁に入るのでその辺りはON/OFF出来て欲しかったです。

声は平均的なレベルはあると思うのですが、魔族の盟主の声が下手くそでした。
淡々とした無感情な声と、棒読みはあくまで別のものだと思います。

音楽は、これも平均的なレベル。ラストバトルの曲はそれなりに格好良いですが、
何処かで聞いたような曲だと思わないでも無かったり。

えっちは、普通の純愛ゲームやRPGよりは回数が多いかも。
ただ同じ構図で背景や服装を変えただけのCGが目立つため、後半は飽きてきます。
また非常に残念なことに、ロリキャラにはえっちシーンがありません。
何を考えているんだか・・・(ぉ

フルインストで1.2GもHDDを占有するほどの価値は無いと思いますが、
お手軽に遊べるゲームとしてなら、プレイしてみるのも良いかも知れません。
[top]
PRIME SOFT SOLD OUT FRONTIER〜隷婦達の貴賓社交列車〜
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
ホワイト ぬかるみ〜女たちの調教日誌〜
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
創美研究所 ぱちFile
1 3 4 2 4 3 2 60
過去の作品のミニゲームが詰まった、ファンディスクですね。

−コズミックマン第九話−
戦闘も選択肢もない、ハーレムえっち補完ミニシナリオと言った感じでした。

−大短編ぱちもそ(ぱちもそ)−
何処かで見たようなお父さんが帰ってくるお話です。
本編のその後のストーリーという位置づけですね。

−バチャバチャコップ(コズミックマン)−&−エロカノイド(複合)−
ミニゲームですね。単調作業&動作が粗いので、あまり面白くは無いかも。

−激空間エロ野球拳(神父のオシゴト)−
変なおっさんが女の子と野球拳します。
シナリオはまぁ、どうでも良いとして・・・CGの塗りがアニメ塗りなのが残念でした。

全体的に、メッセージスキップが出来ないとか、色々と不便なところもありますが、
元々ファンディスクという性質上、ゲームの方が気に入っているなら良いのではないでしょうか?
[top]
Tail パラダイム・シフト〜目覚めの時〜
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
Bipolar プチ死神プレコ
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
ソフトハウスDew ほしまつりのうた 初回版
?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
[top]
裸足少女 ミスティック・リポート〜恋の部活はチコクしない〜
2 3 4 3 4 3 2 50
学園の七不思議を取材するつもりで、世界を救ってしまうRPGです。

ストーリーは基本的に一本道。どのくらい一本道かというと、
どのヒロインのシナリオに進んでも、展開どころかヒロインの台詞や行動まで一緒です。
そのため、1キャラクリアしてしまうと、あとのキャラも9割5分ほどはクリアしたも同然。
シナリオ自体は良くも悪くも無いのですが、流石に同じ文章を何度も読むのは辛いです。

お薦めヒロインは無し。というか、誰でも一緒。
台詞や行動パターンまで同じだと、誰を選べとか言われても困っちゃいます。
この辺り、無駄に多いヒロインを減らしてでも個々のキャラを掘り下げて欲しかったです。

絵は良い意味でも悪い意味でも普通。
安心して眺めていられる絵柄ですが、裸足少女っぽくは無い感じ。

システムは前作同様VisualArts系列です。動作の安定と未既読管理が長所ですが、
このゲームに関しては画像効果がOFFに出来ない上に平均より重いこと、
バックログ機能が無いことがかなりプレイの妨げになっていました。

RPGパートについて。
個々のマップは難易度も低く、短時間でクリア出来ます。
ただ、何度クリアしても次回プレイどころか次のマップまでもアイテムを持ち越せなかったり、
歩いてるだけでアイテムを拾うことが出来る上に、強制イベントしか発生しないために、
RPGとしての面白さは全くありません。
単純な作業を強いられることになる上に、スキップではRPGパートは飛ばせないため、
かなり面倒くさい、と言うか邪魔以外の何物でもありません。
いっそRPGではなく普通のADVだった方がどれだけ良かったことか。
せめて一度クリアするとRPGパートをOFFにする機能とかが欲しかったです。
これをヒロインの数だけやり直す羽目になるのかと考えると・・・

音声、音楽は普通レベル。
ラスボスの口調に威厳が無く、普通のねーちゃんっぽいイントネーションなのが残念。

えっちは、どのヒロインも4回だけ。
各ヒロインで内容は微妙に異なっていますが、えっちへの導入とか、告白イベントなどは一緒です。
また告白から次のえっちシーンまでの間に既に何度もえっちをした事になっているので、
いわゆる初えっちに相当するイベントはありません。
そのため、ヒロインの性格によってはかなりえっちシーンに違和感があります。

プレイの殆どが単純作業に費やされるので、
作業の苦にならない人、同じ文章を何度も読むのが苦にならない人にお薦めです。
そんな人がどれだけいるかは不明ですが。

追記:現在、メーカHPでRPGパートをスキップするパッチが配布されているようです。
[top]